none
SQL Server 2008 R2 Standard Edition の機能制限について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。表題の件について質問させて頂きたく存じます。

    現在SQL Server 2008 R2 Evaluationを試用させて頂いております。この度、製品版Standard Editionへのアップグレードを検討しているのですが、これらの機能の違いについてホームページの機能比較だけでは不明な点があり、下記3点についてお伺いする次第です。

     

    ・OLAP分析、ETLに一部制限有りと記載されているが、具体的に何が制限されているのか

    ・データの圧縮機能がサポートされていないが、これはパフォーマンスにどの程度影響があるか(使用するデータは1,000万件程度)

    ・Evaluationを用い、Standardに近い形で機能を試すにはどのような制限をするのが有効か

     

    その他、留意事項があればご教示いただけると大変助かります。

    乱文で恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。

    2011年10月3日 4:00

回答

  • ・データの圧縮機能がサポートされていないが、これはパフォーマンスにどの程度影響があるか(使用するデータは1,000万件程度)

    これはデータの圧縮/複合するためのボトルネック(CPU) と、データ圧縮がされていないデータページをディスクより読み取るボトルネック(ディスクI/O) による変わるのではないかと。一般的には Disk I/O のほうがボトルネックとなるといわれていると思いますが、メモリやCPUが弱いマシンでは、データの圧縮/複合でCPUが使用されることにより、パフォーマンスが低下するといったことも起こりえるような気がします。

    ・Evaluationを用い、Standardに近い形で機能を試すにはどのような制限をするのが有効か

    EE しか使用できない機能を使用しなければ、それなりに Standard に近い形になるのではないかと。 (私の認識では、クエリ実行するエンジンや、オプティマイザーは、エディション間で違いがないはずです。)

     

    • 回答としてマーク 山本春海 2011年10月18日 7:49
    2011年10月7日 4:05
  • エディション間の機能の違いについては、以下のURLが参考になると思います。

    SQL Server 2008 R2 の各エディションがサポートする機能
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993.aspx

    • 回答としてマーク 山本春海 2011年10月18日 7:49
    2011年10月7日 16:57

すべての返信

  • ・データの圧縮機能がサポートされていないが、これはパフォーマンスにどの程度影響があるか(使用するデータは1,000万件程度)

    これはデータの圧縮/複合するためのボトルネック(CPU) と、データ圧縮がされていないデータページをディスクより読み取るボトルネック(ディスクI/O) による変わるのではないかと。一般的には Disk I/O のほうがボトルネックとなるといわれていると思いますが、メモリやCPUが弱いマシンでは、データの圧縮/複合でCPUが使用されることにより、パフォーマンスが低下するといったことも起こりえるような気がします。

    ・Evaluationを用い、Standardに近い形で機能を試すにはどのような制限をするのが有効か

    EE しか使用できない機能を使用しなければ、それなりに Standard に近い形になるのではないかと。 (私の認識では、クエリ実行するエンジンや、オプティマイザーは、エディション間で違いがないはずです。)

     

    • 回答としてマーク 山本春海 2011年10月18日 7:49
    2011年10月7日 4:05
  • NOBTA 様

    ご返信ありがとうございます。

    >これはデータの圧縮/複合するためのボトルネック(CPU) と、データ圧縮がされていないデータページをディスクより読み取るボトルネック(ディスクI/O) による変わるのではないかと。

     仰る通りと思います。購入後に極端なパフォーマンス低下が起こることを懸念して質問させて頂きましたが、この場に適当な質問ではなかったと後で反省いたしました。

    >EE しか使用できない機能を使用しなければ、それなりに Standard に近い形になるのではないかと。

    最初の投稿で申しました通り、Edition間の機能の相違が一部不明であったためご質問させて頂いた次第です。OLAP分析の一部制限などは内容によっては非常に重要な制限である可能性もあるように思われますので、もしご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきたく存じます。

    >(私の認識では、クエリ実行するエンジンや、オプティマイザーは、エディション間で違いがないはずです。)

    存じませんでした。貴重なアドバイスを有難うございます。

    重ねてご返信ありがとうございました。頂いたご回答を参考にし、再度検討いたします。

    2011年10月7日 11:33
  • エディション間の機能の違いについては、以下のURLが参考になると思います。

    SQL Server 2008 R2 の各エディションがサポートする機能
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993.aspx

    • 回答としてマーク 山本春海 2011年10月18日 7:49
    2011年10月7日 16:57
  • NOBTA 様

    ご返信有ありがとうございます。先立って、お礼を申し上げるのが遅れたことをお詫び申し上げます。

    頂いたURLを参照させて頂きました。各機能について調べる上での手引きとして、とても有用であると感じます。こちらの表を参照させて頂きつつ、機能制限の調査を進めて参りたいと思います。

    度々ご親切にご教示を賜り、誠にありがとうございました。

    2011年10月11日 10:18