none
Windows Server 2008 R2(IIS7.5)を利用してClickOnceアプリケーション RRS feed

  • 質問

  • 現在、会社の業務でWindows Server 2008 R2でIISを利用して、ClickOnceアプリケーションを

    作成しております。

    会社の自社サーバーはWindows Server 2008だったので、IISをインストールし、Visual Studio 2008

    からWebサイト上にコンパイルをかけるために、FrontPage Server Extentionsをインストールすることが

    でき、想定していたアプリケーションを実現可能であることが検証できました。

    ところが、お客様に購入して頂くサーバーのOSはWindows Server 2008 R2だったため、

    FrontPage Server Extentionsが対応していないようで、Visual Studio 2008 からアプリケーションの

    コンパイルがWebサイトに対して行えませんでした。

    日本語対応のWebサイトがなかなかなく、英語のWebサイトではFrontPage Server Extentionsは

    Windows Server 2008 R2(IISが7.5であるため)には対応していないというような記載を

    発見いたしました。

    やはり、FrontPage Server Extentionsに変わる同様のツール等はないのでしょうか?

    または、違う方法でClickOnceアプリケーションを実現することはできないのでしょうか?

    どなたかご教授お願いいたします。


    ////////////////////////////////////////////////////////// nagano-item Mail: nagano@item-jp.com //////////////////////////////////////////////////////////
    2011年4月5日 9:48

回答

  • アプリケーションを起動した際にクライアント側が参照するアプリケーションのバージョンはVisual Studio側で配布先に指定している

    場所なのではないかと考えています。

    アプリケーションを配布した場所から別の場所へコピーして、コピー先からクライアントへインストールした場合、クライアントは

    最初にコンパイルをかけてアプリケーションを配布した場所を参照するのではないのでしょうか?

    ClickOnceには発行先とインストール先があります。発行先はアプリケーションを配置する場所であり、インストール先はクライアントから新規にインストール、もしくは更新チェックを行ってバージョンアップを行う場所になります。
    例えば、発行先をローカルにしてそれをCDでクライアントへ配布することもできます。(更新はインストール先に指定した場所から行うようにすることもできます)

     


    ★良い回答には回答済みマークを付けよう! わんくま同盟 MVP - Visual C# http://d.hatena.ne.jp/trapemiya/
    • 回答としてマーク naga0318 2011年4月6日 4:22
    2011年4月6日 1:46
    モデレータ
  • VS2008 に SP1 が適用されている前提で、

    「発行フォルダの場所」というのは ClickOnce の各ファイルの出力先です。これは、Visual Studio が作成したファイルを書き込む場所であって、クライアントにはまったく関係ありませんので、自由な場所を設定できます。ここに、直接 Web サーバのフォルダを指定することで、コピーする手間が省けるだけです。

    すぐ下にある「インストールフォルダのURL」がクライアントがアプリケーションをインストールおよびアップデートする際のに使用するURLです。「発行フォルダの場所」に作成されたファイルは、最終的に、この URL でアクセス可能な位置にコピーされなければなりません。(どのような手段でコピーされてもかまいません)

    「インストールフォルダのURL」については、「配置プロバイダ URL の除外」が ON の場合は、初回インストールのみ使用されません。この機能を ON にしていると、「インストールはCDからでもできる」「アップデートはインターネット/イントラネットから」といった配布ができます。

    詳しいことはヘルプを参照してください。


    • 回答としてマーク naga0318 2011年4月6日 4:22
    2011年4月6日 3:42

すべての返信

  • 発行処理における FrontPage Server Extensions の役割は理解されていますか?

    FrontPage Server Extension は「作成されたファイルを Web Server へ配置する手段」の1つです。この部分は、共有フォルダを経由してもよいですし、ftp を使用してもよいですし、CD-ROM や USB メモリ等の媒体を介して、エクスプローラーで発行ファイルをドラッグ&ドロップしてコピーしてもよいものです。

    FrontPage Server Extension を利用しないで発行して、発行されたパッケージを何らかの手段でコピーされることを検討してはどうでしょう?

     (そもそも、開発環境から客先のサーバに直接発行ができるのも、なんか変なかんじがしますが)


    • 回答の候補に設定 totti1800 2013年10月24日 13:29
    2011年4月5日 11:56
  • 早速のご教授ありがとうございます。

    さて、私自身FrontPage Server Extensionの役割としては、Visual StudioからWebサーバーのディレクトリを編集する

    ツールと考えております。

    今回は私の会社と顧客先をNTT社のVPNワイドで接続しているため、直接顧客先のサーバーへコンパイルをかけてアプリケーションの

    配布が可能な環境です。

    アプリケーションをインストールしているクライアント側でアプリケーション起動時に自身のバージョンとサーバー上に配布されている

    バージョンを比較し、自身が最新でない場合には自動アップグレードするようにしたいと考えてClickOnceを検討しました。

    アプリケーションを起動した際にクライアント側が参照するアプリケーションのバージョンはVisual Studio側で配布先に指定している

    場所なのではないかと考えています。

    アプリケーションを配布した場所から別の場所へコピーして、コピー先からクライアントへインストールした場合、クライアントは

    最初にコンパイルをかけてアプリケーションを配布した場所を参照するのではないのでしょうか?

    私の理解が間違えていたらすみません。その点に関してもご教授お願いいたします。


    ////////////////////////////////////////////////////////// nagano-item Mail: nagano@item-jp.com //////////////////////////////////////////////////////////
    2011年4月5日 23:59
  • アプリケーションを起動した際にクライアント側が参照するアプリケーションのバージョンはVisual Studio側で配布先に指定している

    場所なのではないかと考えています。

    アプリケーションを配布した場所から別の場所へコピーして、コピー先からクライアントへインストールした場合、クライアントは

    最初にコンパイルをかけてアプリケーションを配布した場所を参照するのではないのでしょうか?

    ClickOnceには発行先とインストール先があります。発行先はアプリケーションを配置する場所であり、インストール先はクライアントから新規にインストール、もしくは更新チェックを行ってバージョンアップを行う場所になります。
    例えば、発行先をローカルにしてそれをCDでクライアントへ配布することもできます。(更新はインストール先に指定した場所から行うようにすることもできます)

     


    ★良い回答には回答済みマークを付けよう! わんくま同盟 MVP - Visual C# http://d.hatena.ne.jp/trapemiya/
    • 回答としてマーク naga0318 2011年4月6日 4:22
    2011年4月6日 1:46
    モデレータ
  • VS2008 に SP1 が適用されている前提で、

    「発行フォルダの場所」というのは ClickOnce の各ファイルの出力先です。これは、Visual Studio が作成したファイルを書き込む場所であって、クライアントにはまったく関係ありませんので、自由な場所を設定できます。ここに、直接 Web サーバのフォルダを指定することで、コピーする手間が省けるだけです。

    すぐ下にある「インストールフォルダのURL」がクライアントがアプリケーションをインストールおよびアップデートする際のに使用するURLです。「発行フォルダの場所」に作成されたファイルは、最終的に、この URL でアクセス可能な位置にコピーされなければなりません。(どのような手段でコピーされてもかまいません)

    「インストールフォルダのURL」については、「配置プロバイダ URL の除外」が ON の場合は、初回インストールのみ使用されません。この機能を ON にしていると、「インストールはCDからでもできる」「アップデートはインターネット/イントラネットから」といった配布ができます。

    詳しいことはヘルプを参照してください。


    • 回答としてマーク naga0318 2011年4月6日 4:22
    2011年4月6日 3:42
  • trapemiyaさん

    ご教授ありがとうございます。

    私自身、なぜ発行先とインストール先の違いがいまいちしっかり理解できておりませんでした。

    参考にさせて頂きます。


    ////////////////////////////////////////////////////////// nagano-item Mail: nagano@item-jp.com //////////////////////////////////////////////////////////
    2011年4月6日 4:20
  • K.Takaokaさん

    ご教授ありがとうございます。

    trapemiyaさんにもご返信いたしましたが、私自身発行先とインストール先の違いが

    しっかり理解できておりませんでした。

    もっとしっかりとヘルプを確認しておくべきでした。

    ありがとうございました。

    参考にさせて頂きます。


     


    ////////////////////////////////////////////////////////// nagano-item Mail: nagano@item-jp.com //////////////////////////////////////////////////////////
    2011年4月6日 4:22