none
「プライバシー設定」でインポートするファイルの書式について RRS feed

  • 質問

  • 現在、「Windows XP SP3」上で、IE6を使用しています。

    オプション設定の「プライバシー」タブで、サイト毎に、Cookieの受け入れを、許可するか、ブロックするか設定できますが、
    「インポート」ボタンは、あるものの、「エクスポート」ボタンが無いので、インポートで利用可能なファイルの書式について、
    ヘルプ等にも記載がないのですが、ご存知の方は、いらっしゃいますでしょうか?

    もし、ご存知の方、あるいは、参照リソースをご存知の方が、いらっしゃいましたら、教えて下さい!<(_ _)>
    2009年5月29日 15:39

回答

  • >という解釈でよろしいでしょうか?
    設定後の実践確認はしていませんが、マニュアルを見る限りよさそうです。

    細かいですが、siteの閉じタグは、</site>ですかね。
    面倒なので、<site domain="microsoft.com" action="accept" />という風にするのがよいかもです。

    <MSIEPrivacy>
            <MSIESiteRules formatVersion="6">
                    <site domain="microsoft.com" action="accept" />    <= 許可するサイト
                    <site domain="fishingsite.com" action="deny" />     <= 禁止するサイト
            </MSIESiteRules>
    </MSIEPrivacy>

    XML宣言(<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>)の要不要、BOMありなし等によって
    たまに動きが変わる場合があるので、注意が必要かもです。

    すでに確認されていると思いますが、
    インポートするとそれまでの設定が消えてしまうのが注意事項に書いてありました。
    (追加ではなく、上書きのイメージ)
    なのでもし設定済みのサイトがあるのであれば、.xmlにそのサイトも書いてやる必要があります。

    2009年10月21日 23:19

すべての返信

  • http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537344(vs.85).aspx
    記事ではIE6時点の説明ですが、IE8でもformatVersion="6"で正しくインポートが出来ました。
    複数のサイトを同時にインポートするならsiteタグをMSIESiteRulesタグの子要素として並べていけばいいと思う。

    siteタグなどのリファレンスは以下にありました。(日本語版はWe were unable to locate this content in ja-jp.とのことです。。)
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms537346(VS.85).aspx
    2009年5月30日 19:58
  • うーん。このスレの方には返事がないw
    調べてみると、MSIESiteRulesでググっても102件しか見つからないような情報だったようなので、
    補足しておきます。

    試しに以下のファイルを作成し、拡張子.xmlで保存して、「インポート」すれば、やりたいことが実現できると考えています。
    どういう目的でインポートしたいのかよく分かりませんが、ホワイトリスト的に使用するイメージで前回はレスしていました。

    <MSIEPrivacy>
    <MSIESiteRules formatVersion="6">
    <site domain="www.BlueYonderAirlines.com" 
        action="accept">
    </site>
    </MSIESiteRules>
    </MSIEPrivacy>
    2009年6月1日 16:30
  •  レスが遅くなって申し訳ありませんでした!

     なぜ、そうしたいのかと言いますと、IEのバージョンアップ時や、パソコンを買い換え時等、設定を移行したり、バックアップしたいと思ったからです。

     あと、インターネット・セキュリティソフトをインストールしていますが、全てのフィッシングサイトを網羅している訳ではありませんし、出来るとも思っていないので、このような事を考えました。

    # 実際、フィッシングサイトと知らず開いてしまったサイトに、セキュリティソフト
    # (のアンチ・フィッシング機能)が、全然、反応しなかった事がありました。

    # 私は、”これは、フィッシングサイトだな!”と理解していたので、当然、
    # 詐欺に会ったりはしていませんが...(^^;

     どうして、インポートのボタンがあるのにエクスポートのボタンがないのかは、仕様なのか、セキュリティ上の問題があるからなのかは、私には分かりませんが...

     私もMSDNで、同様のページを見たものの、英語力が弱いため、一応、ホワイトリスト/ブラックリスト等の設定がレジストリに登録されているの確認したところで、ほったらかしにしていました...orz

     (´・ω・`)さんの記述例から、ホワイトリスト/ブラックリストの設定は、例えば、

    <MSIEPrivacy>
            <MSIESiteRules formatVersion="6">
                    <site domain="microsoft.com" action="accept"><site/>    <= 許可するサイト
                    <site domain="fishingsite.com" action="deny"><site/>     <= 禁止するサイト
            </MSIESiteRules>
    </MSIEPrivacy>

    という内容のテキストを、"MyIEPrivacy.xml"というファイル等で保存しておき、IEからインポートすれば良いという解釈でよろしいでしょうか?

     レスが遅れまして、大変、申し訳ありませんでした!<(_ _)>
    2009年10月21日 7:09
  • >という解釈でよろしいでしょうか?
    設定後の実践確認はしていませんが、マニュアルを見る限りよさそうです。

    細かいですが、siteの閉じタグは、</site>ですかね。
    面倒なので、<site domain="microsoft.com" action="accept" />という風にするのがよいかもです。

    <MSIEPrivacy>
            <MSIESiteRules formatVersion="6">
                    <site domain="microsoft.com" action="accept" />    <= 許可するサイト
                    <site domain="fishingsite.com" action="deny" />     <= 禁止するサイト
            </MSIESiteRules>
    </MSIEPrivacy>

    XML宣言(<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>)の要不要、BOMありなし等によって
    たまに動きが変わる場合があるので、注意が必要かもです。

    すでに確認されていると思いますが、
    インポートするとそれまでの設定が消えてしまうのが注意事項に書いてありました。
    (追加ではなく、上書きのイメージ)
    なのでもし設定済みのサイトがあるのであれば、.xmlにそのサイトも書いてやる必要があります。

    2009年10月21日 23:19
  • > 細かいですが、siteの閉じタグは、</site>ですかね。

     はい。間違えました!正確には、閉じタグは、</site>ですね!(^^;

    > XML宣言(<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>)の要不要、BOMありなし等によって
    > たまに動きが変わる場合があるので、注意が必要かもです。

     通常、BOM(Byte Order Mark)は、UTF-16文字コードの場合に使用します。

     http://ja.wikipedia.org/wiki/UTF-8

     それに、現在のWin32 APIでは、UTF-8がベースなので、BOMは必要ないと思います。

     あと、日本語版の解説ページも英語版の解説ページも見てみましたが、XML宣言が必要なようには、
    書かれていませんでしたが...???

     仮に、XML宣言(<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>)する必要があるとしても、UTF-8文字
    コードを宣言した場合は、BOMは指定しない方が良いと思います。

    > すでに確認されていると思いますが、
    > インポートするとそれまでの設定が消えてしまうのが注意事項に書いてありました。
    > (追加ではなく、上書きのイメージ)
    > なのでもし設定済みのサイトがあるのであれば、.xmlにそのサイトも書いてやる必要があります。

     はい。レジストリエディタで既存の設定をエクスポートして、それを加工(編集)して、XMLファイルを
    作成する事にします。

     余裕があれば、そのようなツールを作っても良いかも知れませんね!(^^)
    2009年10月22日 11:20
  • どちらかというと、技術的な側面よりも実作業の手順を意識して書いていました。

    わざわざインポートファイルを作ろうとしているぐらいなので、
    ほとんど誰も使用していない機能をあまり確認せず大きく配布しようとしている可能性があると思い
    注意を喚起する意味でおせっかいにも色々書いてしまいました。
    (改めて読み直すと、あくまで個人利用のようですね^^)

    となると以下は蛇足になりますが、書かせてもらうと、

    XML宣言については、最初に紹介したサイトの一番最後の長いサンプルにはついていたので、
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537344(VS.85).aspx
    ほとんどのケースで付いていないので、どちらでもよさそうだとは思いました。

    BOMに関しては、言っている事とやっている事が違っていることがあったりするので、念のため書きました。
    例えば、XPのnotepadはデフォルトでutf8のBOMの認識するとか
    秀○エディタのXML宣言の認識欄がデフォルトでONになっていることから(BOMの認識もON)
    「BOMを付けた記憶がないから付いていないはず」と思い込んでいたが実は付いていた場合が何度かあったためです。
    (私だけはそんなことはしないと思っているとオヤ?というケース)

    インポート機能は、随分と更新されていなさそうなレガシーなI/Fのように見えますが、
    IEのバージョンによって細かいバグフィックス等が行われ動作が変わっている場合に、
    今現在のブラウザで動作していたとしても、あるバージョンでは不正な動作になってしまう可能性を懸念していました。

    2009年10月22日 16:24
  • > わざわざインポートファイルを作ろうとしているぐらいなので、
    > ほとんど誰も使用していない機能をあまり確認せず大きく配布しようとしている可能性があると思い
    > 注意を喚起する意味でおせっかいにも色々書いてしまいました。
    > (改めて読み直すと、あくまで個人利用のようですね^^)

     ご心配をおかけして、すみませんが、個人用途での使用を考えています!^^;

     IEも、IE7->IE8となるにつれセキュリティ機能が強化され、フィッシング詐欺検出機能も、「SmartScreen」機能という立派なフィッシング詐欺検出機能に進化しました。

     しかし、既出のノートPCに、IE7やIE8をインストールしたところ、IE7は、起動は遅いし、CPU時間を独占するし、起動中の動作も不安定(複数のページを別のタブで同時に読み込んだ際に、全て読み込まれない場合がある)、IE8は、IE7に比べるとCPU使用率を占有する度合いが減り、とても安定していますが、スペック不足で、常に、もっさりとしか動ず、ストレスが溜まる一方でした。

     そこで、今では、Firefox(3.5)をインストールたところ、起動時間はIEには負けるものの、一度、起動してしまえば、IE8よりもキビキビと動くので、IEのアップグレードは置いといて、IEにしか対応していないサイトでは、FireFox用の「IETab」というアドインで対応しています。

     ただし、その場合でも、内部的に、IEの設定(セキュリティ設定やプライパシー設定も含む)を、そのまま使う事になってしまいます...orz

     ちなみに、企業等では、Forefrontや他のセキュリティプロバイダーのソリューション等で、一括管理していると思います。

    > XML宣言については、最初に紹介したサイトの一番最後の長いサンプルにはついていたので、
    > http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537344(VS.85).aspx
    > ほとんどのケースで付いていないので、どちらでもよさそうだとは思いました。

     そうでしたか!見逃していました!><

    > BOMに関しては、言っている事とやっている事が違っていることがあったりするので、念のため書きました。
    > 例えば、XPのnotepadはデフォルトでutf8のBOMの認識するとか
    > 秀○エディタのXML宣言の認識欄がデフォルトでONになっていることから(BOMの認識もON)

     確証はないですが...Windows標準のメモ帳は、多分、Win32 API(「IsTextUNICODE」「IsDBCSLeadByte」「IsDBCSLeadByteEx」等)で、ファイル内の文字コードをチェックしてから、BOMの有無を確認していると思われます。

    > 「BOMを付けた記憶がないから付いていないはず」と思い込んでいたが実は付いていた場合が何度かあったためです。
    > (私だけはそんなことはしないと思っているとオヤ?というケース)

     これについては、前述のWikipediaのページにも書いてありますが、テキストエディタによって扱いが違うようなので、エディタ毎に、ヘルプ等で確認した方が良いと思います。

     秀○エディタは、私もヘビーユーザーですが、ファイル保存時に、文字コード(シフトJIS/UTF-8等)・改行の形式・BOMの有無を指定できますし、編集画面に表示されるので、怪しいファイルは、秀○エディタで読み取り専用モードで開けば確認できると思いますよ!^^

    > インポート機能は、随分と更新されていなさそうなレガシーなI/Fのように見えますが、
    > IEのバージョンによって細かいバグフィックス等が行われ動作が変わっている場合に、
    > 今現在のブラウザで動作していたとしても、あるバージョンでは不正な動作になってしまう可能性を懸念していました。

     その可能性はありますが、インポートした後に、インターネットオプションで、ある程度は確認できると思います。

     万が一、クラッシュした場合は、Windowsが自動的に、マイクロソフトへバグレポートを送ってくれるでしょう!^^;

     色々、教えていただき、ありがとうございました!<(_ _)>
    2009年10月25日 7:20