none
Deleted RRS feed

回答

  • 間違っていましたらすみません。下記のようなコードで実現可能でしょうか?

    Imports ClosedXML.Excel
    Public Class Form1
        Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
            Using workbook = New XLWorkbook("テスト.xlsx")
                Dim worksheet = workbook.Worksheet(1)
                worksheet.Cell("B1").Value = "B2"
                worksheet.Cell("A2").Value = "ア1"
                workbook.Save()
            End Using
        End Sub
    End Class
    参考サイト: http://sourcechord.hatenablog.com/entry/2015/06/21/180557
    2017年5月22日 10:16
  • ダメな方のプロジェクトでは、最初っからNugetを使ってインストールされましたか?

    そうでないのであれば、

    1. Nugetパッケージの管理からClosedXMLを「依存関係の削除」付きでアンインストールする
    2. ソリューションエクスプローラの参照にClosedXMLおよびDocumentFormat.OpenXmlが残っていれば削除する
    3. プロジェクトのフォルダ(サブフォルダ以下も)にClosedXML.dllおよびDocumentFormat.OpenXml.dllが存在しているなら削除(またはリネームやプロジェクトフォルダ外に移動)する
    4. 改めてNugetパッケージの管理からClosedXMLをインストール

    とやってみてはいかがでしょうか。

    • 編集済み Hongliang 2017年5月23日 2:09
    2017年5月23日 2:08

すべての返信

  • お書きになった手順をほぼそのままコードに変換するだけだと思いますが、どこがおわかりにならないのでしょうか?

    なお、ClosedXMLは他の非標準ライブラリへの依存があるので、Visual Studioの「ツール」>「Nuget パッケージマネージャ」>「ソリューションのNugetパッケージの管理」からインストールすることをお薦めします。

    あと気をつけるのは、シートや行・列のインデックスがE1スタートであることぐらいでしょうか。

    2017年5月22日 10:13
  • 間違っていましたらすみません。下記のようなコードで実現可能でしょうか?

    Imports ClosedXML.Excel
    Public Class Form1
        Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
            Using workbook = New XLWorkbook("テスト.xlsx")
                Dim worksheet = workbook.Worksheet(1)
                worksheet.Cell("B1").Value = "B2"
                worksheet.Cell("A2").Value = "ア1"
                workbook.Save()
            End Using
        End Sub
    End Class
    参考サイト: http://sourcechord.hatenablog.com/entry/2015/06/21/180557
    2017年5月22日 10:16
  • Deleted
    2017年5月23日 0:16
  • Deleted
    2017年5月23日 0:22
  • Deleted
    2017年5月23日 0:33
  • そもそもですが、.NET Framework のバージョンと、Visual Studio のバージョンは何になりますでしょうか?

    私の場合は、.NET Framework = 4.5.2 で、Visual Studio 2015 Update 3 を使って上記のコードを書きました。ちなみに、操作した手順は下記のような感じです。

    1.Visual Studio 2015 を起動
    2.メニューの「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」を選択
    3.「Visual Basic」→「Windows フォーム アプリケーション」を選択し OK
    4.メニューの「プロジェクト」→「Nuget パッケージの管理」を選択
    5.Nuget 画面で左上の「参照」をクリックして、「ClosedXML」を検索、一番トップに出てきた「ClosedXML」を選択してインストールを行う
    6.フォームのデザイン画面に戻り、ツールボックスからボタンを1つ配置し、配置したボタンをダブルクリック、コードが表示されるので上記のコードを挿入
    2017年5月23日 0:54
  • Deleted
    2017年5月23日 1:06
  • Deleted
    2017年5月23日 1:07
  • Deleted
    2017年5月23日 1:08
  • Deleted
    2017年5月23日 1:46
  • ダメな方のプロジェクトでは、最初っからNugetを使ってインストールされましたか?

    そうでないのであれば、

    1. Nugetパッケージの管理からClosedXMLを「依存関係の削除」付きでアンインストールする
    2. ソリューションエクスプローラの参照にClosedXMLおよびDocumentFormat.OpenXmlが残っていれば削除する
    3. プロジェクトのフォルダ(サブフォルダ以下も)にClosedXML.dllおよびDocumentFormat.OpenXml.dllが存在しているなら削除(またはリネームやプロジェクトフォルダ外に移動)する
    4. 改めてNugetパッケージの管理からClosedXMLをインストール

    とやってみてはいかがでしょうか。

    • 編集済み Hongliang 2017年5月23日 2:09
    2017年5月23日 2:08
  • Deleted
    2017年5月23日 2:38
  • Nugetは賢いので、他に必要なライブラリがあればそれも自動的にインストールしてくれます。「無しで」と言いつつ、ソリューションエクスプローラの参照にはしっかりDocumentFormat.OpenXmlが(インストールしたClosedXMLが必要とするバージョンで)追加されているはずです。
    2017年5月23日 2:43
  • Deleted
    2017年5月23日 5:14