none
Internet Explorer で https のページが「このページは表示できません」となる、Yahoo! JAPAN のロゴなどの画像が表示されない。 RRS feed

  • 質問

  • マイクロソフトコュニティ側で質問したところ、こちらでの質問が適切だという話を頂いたのでこちらで質問させて頂きます。

    弊社内のクライアントPC環境にて、IEでの表示に不具合が発生しています。解決策があればご教示願います。

    【弊社の環境】
    Windows7 Professional(SP1)32ビット
    ◆クライアントPCはメーカは同一もノート、デスクトップで5機種(導入時期はそれぞれ異なる)
     弊社のクライアントPCはレンタルで、マスターPCを弊社で作成、そのイメージを基にベンダさんにクローンPCを作成して頂いていますが、マスターPC(クローンPC)作成時期は2012年~2016年までのものがあり、そのクローンPCを弊社内でWindowsUpdateした後に、ユーザ向けにカスタマイズ(新人用のOffice365のメール設定と業務上必要なショートカットの貼り付け程度)しています。
    ◆WindowsUpdateはクローンPC作成時期に限らず最新分まで適用済(2016年9月分)
    ◆IE バージョン11.0.9600.18449(更新バージョン11.0.35 KB3185319)
    ◆IEのLAN設定で自動構成スクリプト(PAC)を指定
      ⇒Office365でOutlookを使用するとプロキシサーバの経路を多数使用するため、PAC指定にてOutlookの場合はプロキシサーバをバイパスしてダイレクトにインターネット接続をするコーディングをしたもの   (内容としては、下記URLのExchangeOnlineのIPアドレスをプロキシサーバからバイパス)。
       https://support.office.com/ja-jp/article/Office-365-URL-%e3%81%8a%e3%82%88%e3%81%b3-IP-%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9%e7%af%84%e5%9b%b2-8548a211-3fe7-47cb-abb1-355ea5aa88a2?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP
    ◆Office365利用
    ◆Office2010Pro使用
    ◆その他はデフォルト設定

    【IE表示不具合状況】(本年7月のWindowsUpdate実施以降に発生)
    ・システムツールのディスククリーンアップを実行するまでは問題なかったが、これを実施したクライアントPC全てにてIE起動後に次の不具合が発生(システムファイルのクリーンアップは実施してもしなくても同一)。

    1. httpsのページが「このページは表示できません」となる。
      ⇒但し、https以外で正しくページを表示出来たIEが立ち上がっている場合は、新しいタブでhttpsのページは表示される。

    2. https以外のページは問題なく表示されるが、「Yahoo!JAPAN」のトップページで「Yahoo!JAPAN」のロゴ等、画像の一部や背景色が表示されない(「Yahoo!JAPAN」だけではないかも知れませんが、気付いた範囲での事象です)。
      ⇒「最新の情報に更新」を行うと正しく表示される。

    3. この事象は自動構成スクリプト(PAC)指定をせずプロキシサーバのアドレスを直接指定したクライアントPCでは発生しない。
      ⇒自動構成スクリプト(PAC)を指定していても、ディスククリーンアップをしていないクライアントPCでは発生しない。

    結果的に、IEに自動構成スクリプト(PAC)指定し、WindowsUpdateした後にディスククリーンアップを実行したクライアントPCのみに共通して発生しています。

    尚、コミュニティ側でアドバイスを頂いた次の確認をしてみましたが、事象は同一でした。

    •IE を InPrivate で起動した場合の動作の確認
    •IE のリセット
    •新規ユーザーの作成/新規ユーザーでサインインした場合の動作確認

    【2016/09/30追記】
    コミュニティ側で「ieを右クリック、管理者として実行、した場合はどうか、確認。」というアドバイスを頂きましたが、IEが管理者設定で立ち上がると弊社の場合はプロキシサーバのアドレスを直接指定した(問題となっている自動構成スクリプト(PAC)指定ではない)状態で立ち上がるため、本件事象にはなりませんでした。

    2016年9月29日 4:06

回答

  • 本件、根本原因不明も自己解決しましたので情報共有のため記録を残しておきます。

    結論から書くと、IEの「LANの設定」⇒自動構成「設定を自動的に検出する」のチェックを外しただけで、本事象は解決しました。

    弊社の場合、PACを使用する際はグループポリシー管理(WindowsServerR2)の「プロキシの設定を変更できないようにする」を有効にしており、PACを使用するか、直接プロキシを使用するかの選択しかない状態でした。このため、PAC使用の際はデフォルトの「設定を自動的に検出する」のチェックを外せない状態(グレーアウト)で気付かなかったものです。

    このチェックを外しただけで本事象は解決しましたが、本年7月頃のWindowsUpdate以前は本事象が発生していないため、根本原因はその辺りにあると考えています。

    • 回答としてマーク 鶏唐定食 2016年10月18日 7:14
    2016年10月18日 7:11