none
KB3163245適用後、0xc0000005が発生するようになった RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。初投稿になりますが、お力添えをお願いいたします。

    .NET 3.5.1用セキュリティ更新プログラム(KB3163245)を含む、複数のアップデート(※1)を行ったところ、.NETアプリケーションで、これまで発生していたなかったアプリケーションのクラッシュ(※2)が発生しました。
    このクラッシュは、常に発生するわけではなく、発生したり発生しなかったりします。
    クラッシュ箇所は操作からXMLファイルをロードする処理(※3)と推定しています。
    クラッシュが発生しないよう改修するには、どのようにすればいいかアドバイスいただけませんでしょうか。

    ※1・・・アップデートは以下の通り(イベントログSetupから取得)
    KB3161958, KB3159398, KB3161949, KB3170455, KB3163245, KB3164035

    ※2・・・イベントログを添付します。

    レベル    日付と時刻    ソース    イベント ID    タスクのカテゴリ
    エラー    2016/11/15 19:32:51    Application Error    1000    (100)    "障害が発生しているアプリケーション名: **********.exe、バージョン: 1.0.3.1350、タイム スタンプ: 0x552b9809
    障害が発生しているモジュール名: mscorwks.dll、バージョン: 2.0.50727.5420、タイム スタンプ: 0x4ca2b820
    例外コード: 0xc0000005
    障害オフセット: 0x0000e24c
    障害が発生しているプロセス ID: 0x%9
    障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x%10
    障害が発生しているアプリケーション パス: %11
    障害が発生しているモジュール パス: %12
    レポート ID: %13"
    エラー    2016/11/15 19:32:51    .NET Runtime    1023    なし    .NET Runtime version 2.0.50727.5420 - 致命的な実行エンジン エラーが発生しました (6AA6E92A) (80131506)

    ※3・・・XML読み込み部のコードを添付します。

    prviate XmlRoot root;
    public void LoadXml()
    {
        // XmlRootはxsdコマンドで生成したDataSetクラス
        root = (XmlRoot) FileLoad((DataSet) new XmlRoot());
    }
    
    protected DataSet FileLoad(DataSet ds)
    {
        System.Xml.XmlReader reader = null;
        try
        {
            XmlReaderSettings settings = new XmlReaderSettings();
            settings.ValidationEventHandler += new ValidationEventHandler(Valid);
            settings.Schemas.Add(targetNameSpace, xsdFilePath);
            reader = XmlReader.Create(new XmlTextReader(xmlFilePath), settings);
            // ファイル読み込み
            ds.ReadXml(reader);
        }
        catch (Exception)
        {
            throw;
        }
        finally
        {
            if (reader != null)
                reader.Close();
        }
        return ds;
    }

    2016年12月7日 6:09