none
VisualStudio6.0のメディア入手方法または納入可能方法を教えて下さい。 RRS feed

  • 質問

  • 過去にVS6.0で納入したシステムがあります。

    今回、お客様の方でギリギリの予算でのため過去納入システムを流用して納入したいとありました。
    実行環境だけであれば、開発ライセンス、パッケージ版を持っているので可能と思いますがお客様へ納入するPCにVS6.0をインストールして納入するにはどうすればよいのでしょうか?

    ・VS2008のパッケージ版、またはMSDNサブスクリプションを購入して持っているVS6.0のバッケージ(Professional)をインストールし納入しても良いのもなのでしょうか?
    ・VS6.0のメディア自体もなんらかの方法で納入することは可能でしょうか?
    ・その他可能な方法あれば御教示頂ければと思います。

    宜しくお願いします。

    2009年10月1日 9:49

すべての返信

  • 結論から言えば無理だったと思います。

    VS 6.0にはMSJVMが含まれます。
    Microsoftには既にMSJVMの頒布権がありません(有償/無償を問わず)。
    そのためこれに引きずられる形でVS 6.0についても提供されることはなかったはずです。
    2009年10月1日 11:06
  • ・VS2008のパッケージ版、またはMSDNサブスクリプションを購入して持っているVS6.0のバッケージ(Professional)をインストールし納入しても良いのもなのでしょうか?
    ダウングレード権については下記をご参照下さい。
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2008/purchase/downgrade.aspx


    ・VS6.0のメディア自体もなんらかの方法で納入することは可能でしょうか?
    Visual Studio 6.0 のメディアは佐祐理さんが述べられていますように、既に入手不可能です。
    ダウングレードのために他者が保有するメディアを借り受けることが OK かどうかは分かりません。ライセンス関連の窓口にお問い合わせ下さい。

    この場で何らかの回答を得られたとしても保障はありませんので、問題ないかということは公式の窓口に問い合わせた方が無難でしょう。
    解決した場合は、参考になった返信に「回答としてマーク」のボタンを利用して、回答に設定しましょう(複数に設定できます)。
    2009年10月1日 13:54
    モデレータ
  • 外池と申します。

    バージョンはともかくとして、「Visual Studio XXで納品する」という言い回しがよくわかりませんが、勝手に、「Visual Studio XXの開発環境で作成した実行ファイル等を納品する」という意味に解釈させてください。(もし違っていたら、スルーして無視してください。)

    その上で、MSDNサブスクリプションを購入しているのであれば、Visual Basic 6.0に限れば、JAVA Virtual Machine(MSJVM)を取り除いた版が入手可能です。この環境で作成した実行ファイルであれば今でも納品できるのではないでしょうか?


    (ホームページを再開しました)
    2009年10月2日 4:02
  • 前回の回答の際に、漏れていました。

    Visual Studio のライセンスは開発者ライセンスです。
    Office や Windows のようなマシンライセンスとは異なります点は考慮されているのでしょうか?
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2008/purchase/license.aspx

    例えば、1システムを複数人で利用する場合、Visual Studio のライセンスはその利用者の数だけ必要になる可能性があります。
    (インストールするだけで使わないといった言い訳が通じるかは存じません)


    こういったライセンス上の問題もありますが、本当に Visual Studio をインストールしなければならないのでしょうか?


    解決した場合は、参考になった返信に「回答としてマーク」のボタンを利用して、回答に設定しましょう(複数に設定できます)。
    2009年10月3日 10:18
    モデレータ
  • 何かあったときにその場でプログラムをメンテナンスできるようにってことでしょうか?

    Visual Studio 6.0 の EULA を確認できないので確実なことは言えませんが、
    今と同等として、
    もしインストール先のPCを VS6.0 のライセンスを所持している Sugi_001 さんだけが使える状態なら、
    そのPCにインストールして納品することは問題にならないような気はします。
    直感的には限りなく黒に近いグレーっぽいですけど。
    その場合当然ながらメディアを一緒に納品なんてことはできません。

    一番確実なのは、VS6.0 の新品パッケージを手に入れ、
    それを納品することです。
    ただ、その場合の入手経路はオークションに限定されそうです。
    • 編集済み 菊地俊介 2009年10月5日 1:10 リンク削除
    2009年10月3日 23:44
  • もしインストール先のPCを VS6.0 のライセンスを所持している Sugi_001 さんだけが使える状態なら、
    そのPCにインストールして納品することは問題にならないような気はします。
    何らかの仕組みで利用できないように制限するのであれば、最初からインストールしないという決断ができないかを検討するべきでしょう。
    なお、「納品しても問題にならない」というのは第三者が判断できることではありません。
    解決した場合は、参考になった返信に「回答としてマーク」のボタンを利用して、回答に設定しましょう(複数に設定できます)。
    2009年10月4日 9:23
    モデレータ
  • 外装のフィルムがついているから未開封だ、と書いてありますが、外装フィルムはあとから張りなおすこともできるので、信用はできません。正規のリセラー以外から購入すること、とくにオークションや中古品は、要注意です。
    たぶん、不良在庫だと思いますけどね。
    Jitta@わんくま同盟
    2009年10月4日 10:43
  • 納入に、開発環境含めて納入というのは、私も過去に経験がありますが、そうだとしても、開発環境はお客様が購入しなければなりません。
    いま、「開発ライセンスを持っている」とのことですが、この「開発ラインセンス」は、Sugi_001さんがお持ちのもので、お客様がお持ちのものではないですよね。

    MSDN サブスクリプションの権利は、第三者へ1度だけ譲渡できますから、VS2008 を購入してそのライセンスやコピー一切をお客様へ譲渡する、ということはできます。
    しかし、今、対象は VS6.0 ということなので、この方法ではできません。

    もう一つは、「メディアの交換」という方法があります。Sugi_001さんが持っているのと同じ契約をお客様がされているなら、メディアをコピーして渡すことができます。少なくとも、2008年1月の時点のライセンス契約には、そのように書かれていました。

    Visual Studio with MSDN Subscription では、提供が終了した製品であってもインストールイメージ (メディアなど) がお手元にある場合、旧製品のご利用が可能になる場合があります。また、これ以外の場合でも正規のライセンスがあるもののイメージがお手元にない場合には、下記の方法でイメージをご入手いただけます。
    同契約範囲の別ユーザーが所有しているイメージ (MSDN 以外のメディアでも可)
    *いずれの場合も同製品・同エディションである必要があります。

    おそらく、次のところからダウンロードできると思いますので、調べてみてください。
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/dd218012.aspx

    なお、最終的には、マイクロソフトかリセラーに問い合わせてください。


    Jitta@わんくま同盟
    2009年10月4日 15:07