none
外部システムを起動時、互換モードを引き継がせたくない場合の起動方法について RRS feed

  • 質問

  • 自社開発システムを「Windows7 64bit」で使用できるようにテストをしている段階なのですが、インストールは無事に終わり、システムも「WOW64」のおかげもあり、「XPsp3」の互換モードであれば動く状態です。

    ただ、一つ問題があり、他社製品のアプリケーションと連動を行っており、弊社のシステムから、その他社開発アプリを起動しなければならないのですが、他社のアプリは「互換モード」では起動出来ないのです。

    弊社のシステムが、「互換モード」で動作しているので、そこから起動されるアプリは、その「互換モード」を継承してしまうようなのです。

    その問題は「Win7 32bit」対応した時にも発生しましたが、その時は起動方法を「Shell」から「VBScriot」に変更することで、別プロセスとして起動することが出来、「互換モード」を継承しなくなりました。

    今回も同様の設定を行い、別プロセスで起動することは出来ているようなのですが、どうも「互換モード」を継承してしまっているようなのです。

    いろいろ試している状態ではあるのですが、「互換モードを継承しないでアプリを起動する方法」など、ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかご教授ください。

    長文となってしまい申し訳ありません。また、内容が分かりにくいかもしれませんが、宜しくお願いいたします。

    【開発環境】 言語:VB6  OS:WinXP sp3

    【テスト環境】 OS:Win7 64Bit 

    【システム動作条件等】 

    自社アプリ:32Bit(WOW64にて動作)、互換モードをWinXPsp3にする。

    他社アプリ:32Bit(WOW64)にて動作、互換モードの必要なし

    2012年3月19日 5:18