none
Windowsログイン前にUWPアプリを起動したい RRS feed

  • 質問

  • Windows10ログイン前(パスワード入力画面)にインストール済みのUWPアプリを実行する方法は無いでしょうか?
    CredentialProviderからコマンドプロンプトを起動させて
    以下のようなコマンドを実行しましたが、どれも起動する事が出来ませんでした。

    C:\>calc.exe
    ⇒この calculator を開くには新しいアプリが必要です

    C:\>start shell:AppsFolder\Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App
    ⇒'shell:AppsFolder\Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App'が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。

    C:\>start microsoft-edge:about:blank
    ⇒この microsoft-edge を開くには新しいアプリが必要です

    また、コマンドではなくとも、何か他のアプローチで実現出来るのであれば、ご教授願いたいです。
    宜しくお願い致します。

    2018年9月28日 6:31

すべての返信

  • ログイン前にということは、特定のユーザーアカウントに紐づけされない状況で動かせるか?ということでしょうか?

    UWPアプリは、ストアのアカウント(MSアカウントなど)に紐づけされてインストールされるため、ログオンする前のアカウントの紐づけが行われていない状況では使えません。

    少なくとも現在のWindows10(October 2018 Updateを含む)では、サービス的な利用スタイルは DesktopBridge も含めて、提供されていません。


    とっちゃん@わんくま同盟, Visual Studio and Development Technologies http://blogs.wankuma.com/tocchann/default.aspx

    2018年9月28日 7:14
  • ご回答ありがとうございます。

    ログイン前なのでSYSTEMユーザーとして動作していると思いますが
    このSYSTEMユーザーでUWPアプリを起動出来ないのでしょうか?
    ちなみにUWPでウィンドウズサービスを作れない記述は、MSDNのどこら辺に記載されているかご存知でしょうか?
    2018年9月28日 7:30
  • 作れないという記述は存在しません。そして、残念ですが作れるという記述もありません。そして、サービスを作るために必要な仕組みそのものもありません。

    作れないという記述がないのは将来は作れるようにするという可能性があるからだと思っています。

    実際今まではできなかったことがいつの間にかできるようになっています。

    ただ、それがいつ頃実現されるのかや、どういう形で作るのかについては、計画が発表されているわけではないのでわかりません。


    とっちゃん@わんくま同盟, Visual Studio and Development Technologies http://blogs.wankuma.com/tocchann/default.aspx

    2018年9月28日 7:47
  • 作ること自体は可能でしょう。実際、簡易ステータスをロック画面に表示するアプリがUWPで配布されているのですから可能かどうかでいえば可能でしょう。ただ、どう作成すればいいのかということと、どんな制限事項があるかは、どこかに資料があればいいのですけれども。
    2018年9月28日 15:57
  • 実際、簡易ステータスをロック画面に表示するアプリがUWPで配布されているのですから

    それは UWP に公開されているロック画面での通知表示の仕組み(アイコンなど)であって、質問者が希望している「ロック画面で UWP のアプリを通常起動し、Window の操作をしたい」という話とは無関係です。

    参考(通知の話)
    http://coelacanth.jp.net/windowsストアアプリタイルのロックスクリーン/

    -----

    話の本筋(質問)については、たぶん方法はないだろうと私も思っています。
    白黒決着つけたい場合は、Microsoft の有償サポートから聞き出してください。

    2018年9月28日 23:20
    モデレータ
  • 1年ぐらい前からWindowsドライバーの新しい仕組みで「DCHU」というものが公開されています。

    https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/develop/getting-started-with-universal-drivers

    簡単に説明するとWindowsドライバーのインストール時に、ドライバー単独では動作させ難い処理とか、頻繁に更新される部分、OEM先によって処理が異なる部分などをドライバー本体から切り離してUWPアプリケーション側に移し、それをWindowsドライバーと一緒にインストールして動作させるというものです。

    Windows 10で導入されたUniversalドライバー、つまりWindows 10 IoT CoreやXbox、HoloLens等用のドライバーでは、CoInstallerという、以前あったドライバーインストール時に自由に導入&操作できるアプリケーションの仕組みが廃止されたため、それを置き換える代替策も兼ねたものです。たまたま去年の仕事で、関連したものを調べていたので上記解説(日本語版もあります)を参照して、GitHubに公開されていたサンプルを実際に動作させて「DCHU」がどんな動作をするのかを調べました。

    https://github.com/Microsoft/Windows-driver-samples/tree/master/general/DCHU

    「DCHU」関連で調べて出てくる文献には、UWPのアプリをドライバーが動作させる(当然マシン起動時、または関連デバイス装着時)という趣旨のことが記述されていて、実際その通りなのですが、肝心の上記サンプル(osrfx2_DCHU_testapp)はUWPではなくてWin32アプリでした。そして約1年経った今、この質問を見て確認したらば、全く更新されていませんでした。

    ドキュメントの方は更新されていて、HSA(Hardware Support App)というものをUWPで開発すればいいという記述が増えています。しかしこれは、今知ったばかりなので試していません。

    https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/devapps/hardware-support-app--hsa--steps-for-driver-developers

    (日本語)
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/devapps/hardware-support-app--hsa--steps-for-driver-developers

    補足すると、ドライバー部分は実際のハードウェアデバイスが無くてもソフトウェアだけで実現できるので、DHCU開発の面倒な手間をかけれることができて、ドライバー動作に必要な署名取得用の証明書を持っていて、UWP部分のソースコードを持っているのであれば、多分ご期待のことができる様な気がします。

    2018年10月2日 15:20