none
作成したDllをVBから参照できない RRS feed

  • 質問

  • VBからC++で作成したDllを使用したいと思い簡単なテストをしてみましたがうまくいきません。

    1 VS2010VC++でMFC Dllを選択して”TestDll”テンプレートプロジェクを作成

    2 ”TestDll.cpp”のTODOテキストからコメントをはずして”ExportedFunction”関数を作成(下記)

            extern "C" BOOL PASCAL EXPORT ExportedFunction()
            {
                AFX_MANAGE_STATE(AfxGetStaticModuleState());
                // 通常関数の本体はこの位置にあります
                return true;
            }

    3 ”TestDll.def”に"ExportedFunction"を追加(下記)

    LIBRARY

    EXPORTS
        ; 明示的なエクスポートはここへ記述できます
        ExportedFunction

    4 リリースコンパイルで"D:\MyTest\TestDll.dll"を作成

    5 VS2010 VBプロジェクトから”D:\MyTest\TestDll.dll"を参照リストから指定

    6 すると

    「'D:\MyTest\TestDll.dll'への参照を追加できませんでした。ファイルがアクセス可能で、有効なアセンブリまたはCOMコンポーネントであることを確認してください。」

    上記のメッセージが表示されます。

    どのような手順で”ExportedFunction”をVBから使えるようになるのでしょうか?。

     

     

     


    2011年7月24日 0:18

回答

すべての返信