none
Azure Virtual Machines (SMS -Classic)のディスクIOPSについて RRS feed

  • 質問

  • Azure Virtual Machines (SMS -Classic)のディスクIOPSについて

    【ディスク性能について】
    下記記載の評価環境において、単一ディスク(最高性能:500IOPS)に対してIOPSを評価致しました。
    Random Read、Random Writeともに性能を十分に出しきれておりません。
    また、Random Writeに対して、Random Readは1/2程度の性能しか出せません。
    性能を十分に引き出す上で、阻害となるような要因をご教示ください。

    【評価環境】
    OS:Windows Server 2008 R2 SP1
    インスタンスタイプ:D1
    評価ツール:Iometer
    ディスクサイズ:300GB
    データサイズ:4KB
    ホストキャッシュ:なし
    キュー長:1

    【結果】
    Random Read:64.04 IOPS
    Random Write:142.6 IOPS

    2015年8月5日 8:09

回答

  • Worker数は何個で計測されましたか?
    Worker数を増やしてみてはどうでしょうか。

    参考情報
     http://blog.ittoby.com/2014/05/cloudy-io-performance-increasing-azure.html
     http://blog.ryukiy.net/2015/06/12/premium-storage-part2/

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2015年8月28日 0:24
    • 回答としてマーク 星 睦美 2015年9月3日 5:42
    2015年8月26日 16:01
    モデレータ