none
サテライトリソースDLLをインストーラに含めるには? RRS feed

  • 質問

  • VC++2008(Standard Edition)で多言語対応のフォームアプリを開発しているのですが、
    言語リソースのDLLをうまくセットアッププロジェクトに含めることができません。

    アプリの開発においては、Languageプロパティを変更して多言語のメッセージを入力しています。
    したがって、例えば、日本語の場合には、ビルド時に jp/(アプリ名).resource.dll が作成されます。

    ここで、このDLLをインストーラに含めようと思い、
    セットアッププロジェクトで、アプリの配置先と同じフォルダに、
    「追加」→「プロジェクト出力」→「サテライトリソースDLL」を選択して、DLLを配置しました。
    そして、セットアッププロジェクトをビルドすると、インストーラが作成されるのですが、
    このインストーラを実行すると、DLLの作成先が、
    「(アプリの作成先と同じフォルダ)/新しいフォルダ/jp/(アプリ名).resource.dll」となり、
    「新しいフォルダ」が余分に作成されてしまいます。

    この「新しいフォルダ」が作成されないように設定したいと思っています。
    方法や手がかりをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。
    2008年10月25日 6:28