none
CUBE処理及びパフォーマンス向上の為のIS、AS処理とは RRS feed

  • 質問

  • SQLServer2005のAnalysisServiceを使用しております。

    とある時系列データを一つのキューブへ格納しておりますが、データ量が肥大化し過ぎてリソースに負荷をかけております。

    例えば現在2009年1月から10月までのデータが一つのCUBEへ格納されていると想定して
    それを一月毎に再分割し、10個のCUBEを作成し、且つReporting Servicからは一つのCUBEを見ている様な
    環境にする事は可能なのでしょうか。

    一つのCUBEで月毎のパーティション分割は実施しておりますが、
    処理もレスポンスも遅くその内使い物にならなくなるのでは?と懸念しております。

    2009年10月9日 1:28

回答

  • スケールアウト構成についてのご質問でしょうか。

    ・複数のクエリの重複が問題(単一のクエリなら、クエリパフォーマンスは悪くない)
    ・クエリとキューブ処理の重複が問題(クエリだけ、キューブ処理だけなら問題ない)
    ということであれば、以下のURLの方式でのスケールアウトで解決できると思います。

    SQL Server ベスト プラクティス アーティクル「Analysis Services によるクエリ処理のスケールアウト」
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc966449.aspx
    (クエリレイヤと処理レイヤの分離、クエリレイヤの複数インスタンス化)
    ※SSAS2008であれば、「Read-only SSAS Shared Scale-out」などと呼ばれる新機能で「複数インスタンスで単一のデータベースファイルを共有する」ことが可能となり、このようなスケールアウト方式がより構成し易くなっています。

    ・単一のクエリだけでもクエリパフォーマンスが遅すぎる
    ・(限定的なパーティションでの)キューブ処理だけでも処理パフォーマンスが遅すぎる
    ような場合はスケールアップ、またはチューニングを含んだデザイン変更が必要と思われます。

    ※未リリースですが SQL Server の "Project Madison" のような機能が SSAS にも適用されれば、ご期待に沿えるかもしれません。
    SQL Server を使用してハブとスポーク型のエンタープライズ データ ウェアハウス アーキテクチャを構築する
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd458815.aspx から引用
    「マイクロソフトがまもなくリリースするプロジェクト (コードネーム "Madison") は、超大型データ ウェアハウス (VLDW:Very Large Data Warehouse) 向けのスケールアウト ソリューションです。Madison は DATAllegro 社が開発した MPP テクノロジと、信頼性の高い SQL Server 2008 データベースを基盤としています。Madison は DATAllegro 社のハブとスポーク型ソリューションを拡張し、MPP アプライアンスだけでなく、SQL Server 2008 や SQL Server Analysis Services (SSAS) で標準の対称型マルチプロセッシング (SMP) インスタンスにも対応し、どちらもグリッド内のノードとして表示できるようにしています。」
    ..とされていますが実際どのような機能なのか私は知りません。

    • 回答としてマーク 菊地俊介 2009年10月22日 7:35
    2009年10月9日 3:10

すべての返信

  • スケールアウト構成についてのご質問でしょうか。

    ・複数のクエリの重複が問題(単一のクエリなら、クエリパフォーマンスは悪くない)
    ・クエリとキューブ処理の重複が問題(クエリだけ、キューブ処理だけなら問題ない)
    ということであれば、以下のURLの方式でのスケールアウトで解決できると思います。

    SQL Server ベスト プラクティス アーティクル「Analysis Services によるクエリ処理のスケールアウト」
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc966449.aspx
    (クエリレイヤと処理レイヤの分離、クエリレイヤの複数インスタンス化)
    ※SSAS2008であれば、「Read-only SSAS Shared Scale-out」などと呼ばれる新機能で「複数インスタンスで単一のデータベースファイルを共有する」ことが可能となり、このようなスケールアウト方式がより構成し易くなっています。

    ・単一のクエリだけでもクエリパフォーマンスが遅すぎる
    ・(限定的なパーティションでの)キューブ処理だけでも処理パフォーマンスが遅すぎる
    ような場合はスケールアップ、またはチューニングを含んだデザイン変更が必要と思われます。

    ※未リリースですが SQL Server の "Project Madison" のような機能が SSAS にも適用されれば、ご期待に沿えるかもしれません。
    SQL Server を使用してハブとスポーク型のエンタープライズ データ ウェアハウス アーキテクチャを構築する
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd458815.aspx から引用
    「マイクロソフトがまもなくリリースするプロジェクト (コードネーム "Madison") は、超大型データ ウェアハウス (VLDW:Very Large Data Warehouse) 向けのスケールアウト ソリューションです。Madison は DATAllegro 社が開発した MPP テクノロジと、信頼性の高い SQL Server 2008 データベースを基盤としています。Madison は DATAllegro 社のハブとスポーク型ソリューションを拡張し、MPP アプライアンスだけでなく、SQL Server 2008 や SQL Server Analysis Services (SSAS) で標準の対称型マルチプロセッシング (SMP) インスタンスにも対応し、どちらもグリッド内のノードとして表示できるようにしています。」
    ..とされていますが実際どのような機能なのか私は知りません。

    • 回答としてマーク 菊地俊介 2009年10月22日 7:35
    2009年10月9日 3:10
  • 皆様、こんにちは。

    nagasakitさん、詳しい回答ありがとうございます。

    commerceさん、はじめまして。フォーラムのご利用ありがとうございます。
    その後いかがでしょうか?nagasakitさんのアドバイスで疑問は解決しましたか?
    有用な情報と思われたため、nagasakitさんの回答へ回答マークをつけさせていただきました。

    今後ともフォーラムをよろしくお願いします。
    それでは!
    2009年10月22日 7:43