none
VistaへのVB6.0のインストール RRS feed

  • 質問

  • VB6.0を動かすべくVS6.0をVistaへインストールしようと、CDのSetup.exeを

    動かしますと、”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”となります。

     

    そこで、”オンラインで解決策の有無を確認する”ボタンを押すと
    製造元(Microsoft)に問い合わせてくださいとあるだけです。

     

    古いバージョンで無償で対応してもなえそうにもありませんので、
    よろしくお願いします。

     

    2008年11月5日 2:29

回答

  • >  ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。” は気になるところです。

     

    VB6の初回起動時に、初期値をレジストリに書き込むためにエラーが発生すると思われます。

    一度、VB6を管理者として実行してみてはどうでしょうか?

    (一度管理者として実行すれば、多分ですがそれ以降はエラーは発生しないはずです)

     

    2008年11月5日 14:33
  • >今回、連続で”プログラムを実行”ボタンを押したら、動き始めました。

    う~ん、これは可能性として、リソースの少ないパソコンで起動までに時間がかかる

    場合に、2重起動を禁止されていると、実行ボタンを何回も押すことで起動が遅れることが

    想像できます

    チャンとしっかり押したら待つことをしてみたらいかがでしょう

     

    私も、まあVB6のテスト環境があってもよいと思い、Virtual PC 2007 のVISTA32Bit SP1

    にインストールしてみました。

    結果的にはインストールできましたが、”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”

    の画面が2回出ました、このエラーは、それぞれ違うプログラムで出ていました。

    両方とも同じく、実行でインストールはできました。

     

    同じエラーが出ますが、エラーが出ているプログラムは違います。

     

    ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。”とはなりますが使えます

     

    http://d.hatena.ne.jp/aneko/20080708/1215496145

     

    を参照ください

     

    VisualStudio 6.0のexeファイルを「右クリック」→「管理者として起動」として、一度管理者権限を持った状態で起動すると、エラーが発生しなくなる。

     

    とあります。

    確認してみてくださいね・・・今は私は確認できない環境ですので、ごめんなさい

    2008年11月5日 15:37

すべての返信

  • Setup.exeを右クリックして、「管理者として実行」をされていますか?

     

    2008年11月5日 3:24
    モデレータ
  • Setup.exeを右クリックして管理者としてやってみましたが、同じでダメでした。

    2008年11月5日 4:20
  • このプログラムには既知の互換性「に関する既知」の問題があります。”

    で、オンラインで確認する以外に、プログラムを実行するがあります

     

    実行自体はできるようですが?

    インストールが完全にできるかまでは、確認していません「VPC2007のVISTA32Bit」で

    確認してみました

    2008年11月5日 4:51
  • DELL Optiplex 755 で Windows Vista Business SP1 32ビット を使用しています。

     

    これまでも、”プログラムを実行”ボタンも何回もやりましたが、
    ”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”の画面に戻り諦めていました。


    今回、連続で”プログラムを実行”ボタンを押したら、動き始めました。
    途中エラーが発生し、CDキーの入力を促す部分すら出てきませんでした。
    しかし、とりあえず最後までインストールは終わりました。

     

    VBを実行すると、”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。”となります。
    それでも無視して実行すると、作成したプログラムも動きだしました。

     

    アンインストールをし、再度インストールを行うと、”プログラムを実行”ボタンは
    1回だけで動き出し途中エラーもありませんで、CDキーの入力を促す部分も

    出てき、インストールは普通通りに終わりました。


    VBを実行すると、相変わらず”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。”は
    ありますが、とりあえずは利用できるようです。

     

    しかし、MSが言うところの”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”
    と ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。” は気になるところです。

    2008年11月5日 8:46
  • >  ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。” は気になるところです。

     

    VB6の初回起動時に、初期値をレジストリに書き込むためにエラーが発生すると思われます。

    一度、VB6を管理者として実行してみてはどうでしょうか?

    (一度管理者として実行すれば、多分ですがそれ以降はエラーは発生しないはずです)

     

    2008年11月5日 14:33
  • >今回、連続で”プログラムを実行”ボタンを押したら、動き始めました。

    う~ん、これは可能性として、リソースの少ないパソコンで起動までに時間がかかる

    場合に、2重起動を禁止されていると、実行ボタンを何回も押すことで起動が遅れることが

    想像できます

    チャンとしっかり押したら待つことをしてみたらいかがでしょう

     

    私も、まあVB6のテスト環境があってもよいと思い、Virtual PC 2007 のVISTA32Bit SP1

    にインストールしてみました。

    結果的にはインストールできましたが、”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”

    の画面が2回出ました、このエラーは、それぞれ違うプログラムで出ていました。

    両方とも同じく、実行でインストールはできました。

     

    同じエラーが出ますが、エラーが出ているプログラムは違います。

     

    ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。”とはなりますが使えます

     

    http://d.hatena.ne.jp/aneko/20080708/1215496145

     

    を参照ください

     

    VisualStudio 6.0のexeファイルを「右クリック」→「管理者として起動」として、一度管理者権限を持った状態で起動すると、エラーが発生しなくなる。

     

    とあります。

    確認してみてくださいね・・・今は私は確認できない環境ですので、ごめんなさい

    2008年11月5日 15:37
  •  クサキ さんからの引用

     

    これまでも、”プログラムを実行”ボタンも何回もやりましたが、
    ”このプログラムには既知の互換性の問題があります。”の画面に戻り諦めていました。

     

    よく読めていなかったですね、昨日は飲み会の後でしたので

    2回別のプログラムで出るエラーを同じものとして諦めていたのですね。

     

    OLEのエラーは管理者で一回起動すると確かに出なくなります。

    2008年11月5日 22:39
  • CatTailさん、wm_tさんありがとうございます。

     

    一度、VB6を管理者として実行したら、
    ”オートメーションエラーです。 OLEレジストリへのアクセスエラーです。”は起こらなくなりました。

     

    連続で”プログラムを実行”ボタンを押したらと、連続と書いたのが誤解を与えたようです。
    時間的に連続ではなく、プログラムを終わらず、もう一度押したらということです。
    ただ、最初にもそういうことはやったような気もします。

    今回は、他の何らかの原因で動きだしたのかもしれません。

     

     

    2008年11月6日 1:11