none
返信でエラーとなるので、返信を投稿します。 RRS feed

  • 質問

  • 佐祐理様よりの返信

    回答ではないのですが、DLLを作成するよりも前に、通常の実行ファイル、Hello Worldから経験を積んでいった方がよいかと思われます。

    仮に今の方法でDLLの作成にこぎつけたとして、正しく動作するか疑問です。

    に返信をしようとしましたが予期しないエラーとなるので、返信だけを投稿しました。

    ーー内容ーー

    microsoftDOCSのVisualStudio2019配下にある、チュートリアル: 独自のダイナミック リンク ライブラリを作成して使用する (C++)
    を参照していますが、これはおおまかに以下のようにDLLとこれを使用するアプリ例に続いているので、DLL作成を理解するには適当かと思いました。
    実際にはクライアントアプリはC++ではなく他のプラットホームで、C++DLLとのリンク方法が示されているので、まずC++内で完結するDLL例をやってみようと思いました。
    もちろんこれに伴う各種のハードルが待ち構えているだろうとは覚悟しています。
    なおhellowWorldは通過しています。(しかし自己作成のvcベースのアプリは未着手。他のC++のプラットホーム(C++Builder)では経験済です)
    ・DLL プロジェクトを作成する
    ・DLL を使用するクライアント アプリを作成する

    2019年8月19日 3:58