none
SQL Server Database Publishing Wizard 1.3について RRS feed

  • 全般的な情報交換

  •   以前から、上位バージョンのSQL Serverから下位バージョンのSQL Serverへデータをリストアしたいという質問がありましたが、SQL Server Database Publishing Wizard 1.1ではSQL Server 2008には対応していないため、面倒な操作をしないと下位バージョンのSQL Serverにデータをリストアできませんでした。

     自分のPCのファイルを検索していると、いつの間にかSqlPubWiz.exeが複数存在していました。
     調べてみたところ、Visual Studio 2008 SP1を適用すると、SQL Server Database Publishing Wizard 1.3がインストールされるようです。
     ただしスタートメニューには登録されないため、実行する場合には「%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\90\Tools\Publishing\1.2」にあるSqlPubWiz.exeを実行する必要があります。
    (SQL Server Database Publishing Wizard 1.3なのになぜフォルダは1.2?)

     このバージョンのSqlPubWiz.exeを使用することにより、(拡張された機能を使っていない限り)SQL Server 2008から2005、もしくは2000へのデータベースの移行が可能になります。

    ※ところで、なぜ単体でダウンロードできないのでしょうか?
    2009年2月10日 14:57

すべての返信

  • SQL Server Management Studioタスク>スクリプトの生成で、スクリプトオプションの選択で、「全般>サーバーのバージョン互換のスクリプト」で下位のバージョンを選択し、テーブルデータも必要なら「テーブル/ビューオプション>データのスクリプトを作成をTrue」を用いるのとあまり違わないとおもうのですがいかがでしょうか?そのため、わざわざSqlPubWiz.exeが必要ないのではと思います。
    2011年8月19日 8:22