none
【SQLServer】データ圧縮実施時の処理時間増加について RRS feed

  • 質問

  • はじめまして、otsuriと申します。

    不勉強な部分は多々あると思いますが、質問させて下さい。

    【質問内容】
     SQLServerのデータ圧縮機能を使って業務アプリケーション(Web)に効果が出るかを測定しています。
     ある更新処理について計測をした所、データ圧縮(ページ圧縮)後の処理時間が遅くなる結果となりました。

     処理の特性は分析したのですが
     その特性がデータ圧縮の特性と相関があるかが分かりません。

     (処理特性)
     ・更新処理はキー情報を基に1件毎に更新を実施
     ・処理中にTempDBに一時テーブルを生成してそのテーブルを参照しながら更新を実施

     [以上の内容からの推測]
     ・更新処理時の「データ圧縮→解除→データ更新→データ再圧縮」のコストが1件毎の更新の為、累計の処理時間が増加した
     ・TempDBの一時テーブルにはデータ圧縮を行っていない為、更新クエリ内にデータ圧縮/非圧縮のテーブルが混在しており処理時間が掛かる

      (スペック)
      ・仮想サーバー(VMWare) OS:WindowsServer2016
      ・HDD:300GB


     上記の推測を裏付けする情報があれば教えて頂きたいです。
     また、そもそも推測に誤りがある場合はご指摘を頂けると助かります。

    2017年10月12日 1:59

すべての返信