none
トランザクション分離設定について RRS feed

  • 質問

  • SQL Serverのトランザクション分離設定の使い方について教えてください。

    SQL ServerのDB内のテーブルをSELECTするストアドプロシージャを作成しています。ストアドプロシージャ内で、「SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL READ COMMITTED;」を宣言し、トランザクション分離設定を行っていますが、宣言しただけでは効き目がないのでしょうか?

    SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL READ COMMITTED;を宣言したあとに、

    BEGIN TRANSACTION

    SELECT * FROM テーブル

    COMMIT

    を行うのが正しい使い方なのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    2011年3月1日 11:06

回答

すべての返信

  • それで合っていますよ。何か思い通りにいかないことがあるんでしょうか?
    http://takumayokoo.blogspot.com/
    • 回答としてマーク 山本春海 2011年3月8日 2:35
    2011年3月1日 12:33
  • 効き目とはどのような効果を期待されているのでしょうか?
    2011年3月1日 16:41
  • それで合っていますよ。何か思い通りにいかないことがあるんでしょうか?
    http://takumayokoo.blogspot.com/

    それで合っているというのは、宣言しただけでいいということでしょうか?

    思い通りにいっているのかがよく分かっていなく、使用方法自体に間違いがないか確認したかったということになります。

    2011年3月2日 0:30
  • それで合っていますよ。何か思い通りにいかないことがあるんでしょうか?
    http://takumayokoo.blogspot.com/

    それで合っているというのは、宣言しただけでいいということでしょうか?

    思い通りにいっているのかがよく分かっていなく、使用方法自体に間違いがないか確認したかったということになります。

    はい。宣言するだけでよいです(宣言という言い方が正しいのか分かりませんが)

    特に設定していなければデフォルトはREAD COMMITTEDなのでREAD COMMITTEDなら宣言する必要もありません。


    http://takumayokoo.blogspot.com
    2011年3月2日 4:13
  • はい。宣言するだけでよいです(宣言という言い方が正しいのか分かりませんが)

    特に設定していなければデフォルトはREAD COMMITTEDなのでREAD COMMITTEDなら宣言する必要もありません。


    http://takumayokoo.blogspot.com

    ありがとうございます。

    助かりました。

     

    2011年3月2日 7:06