none
office2016をインストールしたらプロジェクトが開かなくなった RRS feed

  • 質問

  • 知っている方教えてください。Excel2013ブックのテンプレートを使用したプロジェクトがある状態で、office2016をインストールしたら、プロジェクトが開けなくなりました。プロジェクト名(読み込み失敗)その下に「このプロジェクトではユーザの入力が必要です。」

    XXX.vbproj : error  : このプロジェクトの種類に関連付けられたアプリケーションがこのコンピューターにインストールされていないため、プロジェクトを作成できません。このプロジェクトの種類に関連付けられた Microsoft Office アプリケーションをインストールする必要があります。

    どなたかこの対処方法をご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

    • 移動 星 睦美 2016年2月4日 0:10 Visual Basic から
    2016年2月3日 11:16

回答

  • Visual StudioにおけるExcel等のアドオンは、インストールされているOfficeのバージョン依存だと認識しています。

    ですので、これに対する対処としては、「Excel2013を入れ直して下さい」かと

    ※もしくはExcel2016向けに作り直したものにコードレベルでソースを張り直すとか

    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年4月8日 7:13
    2016年2月4日 7:54
  • OS変えたり日本語版/英語版を変えて試してみましたが、VisualStudio2013Update5+Office2016はドキュメントレベルのプロジェクトは扱えないもよう。
    ドキュメントレベルのカスタマイズはVisualStudio内のウィンドウとしてExcelを開いて作業をするためにVisualStudioがExcelと密接に関係しているので、VisualStudioの発売当時に存在しなかったバージョンは扱えないのだと推測されます。
    アドインのようなアプリケーションレベルの場合はウィンドウで開かないためにバージョンが異なっていてもVSTOのランタイムバージョンさえ合っていれば開発は行えます。ランタイムは実行時に影響するだけですから。

    VisualStudio2015update1+Office2016では開くことができますので、ドキュメントレベルの開発をするにはVisualStudio2015を用意してもらうしかないと思われます。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2016年3月24日 8:14
    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年4月8日 7:13
    2016年2月8日 11:24

すべての返信

  • Visual StudioにおけるExcel等のアドオンは、インストールされているOfficeのバージョン依存だと認識しています。

    ですので、これに対する対処としては、「Excel2013を入れ直して下さい」かと

    ※もしくはExcel2016向けに作り直したものにコードレベルでソースを張り直すとか

    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年4月8日 7:13
    2016年2月4日 7:54
  • 返信ありがとうございます。下記ではVisual Studio 2010 Tools for Office Runtimeはoffice2013/2016が使用できると認識してました。

    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb772080.aspx

    2016年2月4日 8:02
  • 使用は出来ます。

    ですがそれは、「インストールされていれば」という前提条件が付きます。

    2016年2月8日 7:20
  • OS変えたり日本語版/英語版を変えて試してみましたが、VisualStudio2013Update5+Office2016はドキュメントレベルのプロジェクトは扱えないもよう。
    ドキュメントレベルのカスタマイズはVisualStudio内のウィンドウとしてExcelを開いて作業をするためにVisualStudioがExcelと密接に関係しているので、VisualStudioの発売当時に存在しなかったバージョンは扱えないのだと推測されます。
    アドインのようなアプリケーションレベルの場合はウィンドウで開かないためにバージョンが異なっていてもVSTOのランタイムバージョンさえ合っていれば開発は行えます。ランタイムは実行時に影響するだけですから。

    VisualStudio2015update1+Office2016では開くことができますので、ドキュメントレベルの開発をするにはVisualStudio2015を用意してもらうしかないと思われます。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2016年3月24日 8:14
    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年4月8日 7:13
    2016年2月8日 11:24