locked
Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • (※ 2017 年 4 月 17 日に Japan Office Support Blog に公開した情報のアーカイブです。)

    こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。

    本記事では、Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない現象について説明します。

    現象

    Office のドキュメントを開く際、以下のようなメッセージが表示され、保護ビューでドキュメントを開くことができません。



    保護ビューについて

    保護ビューとは、安全でない可能性があると判断されるファイルを開く際、コンピューターを保護するため、安全なプレビュー画面で開く機能です。

    保護ビューで開く際には、以下のようなメッセージが表示されます。



    保護ビューは、以下のような場合に有効になります。

    ・インターネットから取得したファイル

    ・インターネット一時フォルダなど、安全でない場所から開かれたファイル

    ・Outlook の添付ファイルとして取得したファイル (送信元が安全ではないと定義されている場合)


    なお、マクロ入りファイルを開く際に、以下のような、マクロが無効にされましたというメッセージが表示される場合があります。

    これは、マクロは無効化されていますがファイルの編集は可能で、保護ビューで開いている状態ではありません。

    そのため、本記事でご紹介するエラーメッセージが表示されるシナリオには該当しません。


    詳細は以下の資料をご参照ください。

    保護ビューとは

    https://support.office.com/ja-jp/article/d6f09ac7-e6b9-4495-8e43-2bbcdbcb6653


    現象が発生する環境

    Windows 8、8.1、Windows 10、または、Windows 2012 ベースの OS

    かつ

    Office 2013、Office 2016 、またはOffice 365 Proplus クライアントアプリケーション

    ※ Windows 7、Office 2010 では発生しません。

    かつ

    Windows Firewall サービスが動作していない場合

    Windows Firewall サービスが動作している場合、コントロールパネル  - "Windows ファイアウォール" の "Windows ファイアウォールの有効化または無効化" により Windows ファイアウォールを無効化しても、本現象は発生しません。


    理由

    Office 2013 以降では、Windows 8 で導入されたプロセス分離環境であるアプリケーション コンテナーを利用し、よりセキュリティが強化された保護ビューで動作するようになっています。

    アプリケーション コンテナーではサンドボックス環境を構築する際に Windows Firewall サービスの機能を利用するため、Windows Firewall サービスが停止している状態では保護ビューの生成に失敗します。


    回避策

    Windows Firewall サービス を有効にしていただくことで、回避が可能です。

    なお、有効化には、管理者権限が必要となります。

    1) Windows キー + R キーを押下し、ファイル名を指定して実行ダイアログ ボックスを開きます。

    2) “Services.msc” を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    3) [サービス] ウィンドウで、 “Windows Firewall” の状態が “実行中” となっているかを確認します。

    4) “実行中”ではない場合、ダブルクリックを押下し、プロパティ画面を表示します。

    5) スタートアップの種類を “自動” とし、“開始” をクリックします。


    - コマンドプロンプトを使用する方法

    1) コマンドプロンプトを管理者として起動します。

    2) “sc start mpssvc” と入力します。

    3) 実行し、上記の “Services.msc” で、Windows Firewall が実行されていることを確認します。


    また、保護ビューとして開かれる理由の一つとして、インターネットゾーンから取得したファイルを開こうとしている状況があります。

    もし、社内 Web サイトから取得したファイルについて、オープン時に保護ビューでファイルが開かれる場合、その Web サイトがインターネットゾーンとして扱われている可能性が考えられます。

    この場合、お使いの環境、状況に応じて、以下の手順でブラウザの設定を変更し、その Web サイトをローカルイントラネットゾーンとして取り扱われるようにしていただくことで、保護ビューで開かれる動作そのものを抑制することが可能です。

    1) IE を起動し、歯車のアイコンから、インターネットオプションを開きます。

    2) セキュリティタブを開きます。

    3) ローカルイントラネットで、”サイト” をクリックし、”イントラネットのネットワークを自動的に検出する” にチェックをつけます。


    最後に、おすすめしませんが、保護ビューで開かないことで、このファイルが開けない問題を回避することも可能です。

    <保護ビューの無効化>

    1) Excel 等 Office アプリケーションを起動し、[ファイル]タブから “オプション” クリックします。

    2) “セキュリティセンター” から “セキュリティセンターの設定” をクリックします。

    3) “保護ビュー” から、環境の状況に応じて、チェックを外します。

    4) OK をクリックし、設定を終了します。


    <信頼できる場所の追加>

    1) Excel 等 Office アプリケーションを起動し、[ファイル]タブから “オプション” クリックします。

    2) “セキュリティセンター” から “セキュリティセンターの設定” をクリックします。

    3) “信頼できる場所” から、“新しい場所の追加…” をクリックします。

    4) 信頼できる場所として追加するフォルダのパスを追加します。例えば、以下のようなパスを追加します。

    C:\Users\testuser\Documents\信頼済みフォルダ

    5) OK をクリックし、設定を終了します。

    6) 上で信頼できる場所として追加したフォルダに、保護ビューで開かれるファイルを移動します。

    7) 信頼できる場所として追加したフォルダから、ファイルを開きます。


    関連資料
    Can't preview Office documents in Outlook if Windows Firewall Service is disabled

    https://support.microsoft.com/en-us/help/2912722


    本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


    2019年3月9日 5:28
    所有者