none
azure-iot-sdks の中の common フォルダの取得方法について RRS feed

  • 質問

  • 新しいデバイスを Azure Certified for IoT プログラムに参加させるため GitHub から azure-iot-sdks をダウンロードし、.\c\doc\porting_guide.md に
    したがって作業を開始しました。

    その中で、Lock.h, ThreadAPI.h, HttpAPI.h およびその C ソースファイルを自分で準備するとあり、.\common\adapters フォルダや .\common\doc ファルダを参照とありましたが、SDKを展開しても .\common フォルダがありません。

    これらファイルはどこから取得できるでしょうか。

    以上、よろしくお願い致します。
    2016年7月11日 1:34

すべての返信

  • Nakajimaさん

    かなり時間が経ってしまっており申し訳ないです。

    azure-iot-sdksの取得元は

     https://github.com/azure/azure-iot-sdk-c

    ですよね?

    上記のHPに記載の通り、ダウンロードではなくgit clone --recursiveでサブプロジェクトも取得してください。

    なお、現状はazure-iot-sdksの構成もかなり変わってしまっており、commonフォルダではなくazure_c_shared_utilityフォルダですね。

    Y.Nakata

    2017年5月19日 19:56