none
Visual Studio Community 2017のライセンス認証について RRS feed

  • 質問

  • 学校法人さまへの導入をしており、端末には環境復元ソフトが導入されております。

    このたび、Administratorでインストールを行い、ライセンス認証を実施したところで復元ポイントを作成しました。

    実際にVisualStudioを使用されるのは、別のユーザーになりまして、新規ユーザを作成し利用されます。

    テストのためユーザアカウントにて起動するとAdminisratorユーザアカウント以外は、

    VisualStudio2017が評価版となり使用期限30日の未アクティベート状態となってしまい、利用ができない状態です。

    環境復元が入ってるため、使用ユーザーは毎回新規ユーザーとなり、毎回未アクティベート状態となってしまいます。

    PC1台につき1ユーザーであれば、アクティベーションした状態を復元ポイントとして作成すればよいのですが

    PC1台につき複数ユーザーにて使用予定です。

    アクティベーションを実施したユーザー以外もアクティベーションしたユーザーの状態を反映するにはどのようにすればよいでしょうか。

    環境としましては、Windows10 64bit のパソコンへインストールを行っております。

    よろしくお願いいたします。

    2018年9月11日 8:04

すべての返信

  • Microsoft に直接相談すべきことかと思います。
    アクティベーションの仕組みは細かく公開されていないからです。

    Visual Studio は本来、ユーザーライセンス(利用者ごとの契約)なので、アカウントごとの認証になるように設計されているのだと思われます。
    故に、言われているような環境は想定されていない可能性があります。

    -----

    以下私見。

    個人的には、開発環境の状態が元に戻るのは、開発者とって不便でしかありません。学習目的とはいえ、何か別の策を考えた方が良いのでは?という意見を持ちます。

    また、環境復元でいくなら、単一のユーザーアカウントで運用すれば良いと思いますが、なぜ環境復元とマルチユーザーアカウントを両立させるのであろうか?という疑問を感じます。
    ログインする度にプロファイルの初期化処理が走るなど、ユーザーデメリットが大きい感じがありますが…。

    2018年9月11日 11:22
    モデレータ