none
WPF Ribbon/Open XML SDKのライブラリを使用したアプリケーションの配布可否について RRS feed

  • 質問

  • 表題の通り、WPF RibbonおよびOpen XML SDKを使用したWindowsアプリケーションを有償で受託開発したものです(納品済)。

    クライアントは、開発したアプリケーションを、インストーラ、バイナリ、ソースとともに無償で公開する意向です。

    このようなケースの場合、WPF RibbonおよびOpen XML SDKの関連ファイルを同梱して配布することはできるのでしょうか。

    それとも、上記のアプリケーションのユーザーがライブラリをダウンロードしてくる必要があるのでしょうか。

    どなたかご存知の方がいましたらぜひおしえてください。

    よろしくお願いします。

    2014年10月20日 13:29

回答

  • 既に指摘しているように再頒布する権利があったとしても、ライセンス条件と矛盾しないかが重要です。

    質問者さんはGPLで公開すると書かれていますが、その場合、Microsoftの使用許諾契約と矛盾します。複雑ですので質問者さんはリンクと派生物などを確認し理解してください。

    2014年10月21日 4:15
  • 公開することそのものではなく、どのようなライセンス条件で公開するかが重要です。質問文にはそれが記載されていません。

    またWPF RibbonおよびOpen XML SDKのライセンスはMicrosoft社との契約によるものですので、不明点があればMicrosoft社に直接尋ねた方がはっきりすると思います。

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2014年10月21日 4:37
    • 回答としてマーク 星 睦美 2014年10月24日 7:23
    2014年10月20日 14:05
  • それぞれのmsiをダウンロードしてきてインストール時の使用許諾契約書を見たところ、

    Microsoft Ribbon for WPF October 2010はMicrosoft.Windows.Shell.dllとRibbonControlsLibrary.dllが
    Open XML SDK 1.0Open XML SDK 2.5ではDocumentFormat.OpenXML.dllが、

    再配布可能と書かれてますね。

    実際に使用したいバージョンがこれ以外のバージョンの場合でもSDKの使用許諾契約書に再配布可能なファイルの記載があるのではないでしょうか。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2014年10月21日 0:14
    • 回答としてマーク 星 睦美 2014年10月24日 7:23
    2014年10月20日 14:09

すべての返信

  • 公開することそのものではなく、どのようなライセンス条件で公開するかが重要です。質問文にはそれが記載されていません。

    またWPF RibbonおよびOpen XML SDKのライセンスはMicrosoft社との契約によるものですので、不明点があればMicrosoft社に直接尋ねた方がはっきりすると思います。

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2014年10月21日 4:37
    • 回答としてマーク 星 睦美 2014年10月24日 7:23
    2014年10月20日 14:05
  • それぞれのmsiをダウンロードしてきてインストール時の使用許諾契約書を見たところ、

    Microsoft Ribbon for WPF October 2010はMicrosoft.Windows.Shell.dllとRibbonControlsLibrary.dllが
    Open XML SDK 1.0Open XML SDK 2.5ではDocumentFormat.OpenXML.dllが、

    再配布可能と書かれてますね。

    実際に使用したいバージョンがこれ以外のバージョンの場合でもSDKの使用許諾契約書に再配布可能なファイルの記載があるのではないでしょうか。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答の候補に設定 星 睦美 2014年10月21日 0:14
    • 回答としてマーク 星 睦美 2014年10月24日 7:23
    2014年10月20日 14:09
  • お返事ありがとうございます。

    すみません、こちらで開発したソースについては、GPLライセンスで公開することを検討しておりました。

    2014年10月20日 14:57
  • お返事ありがとうございます。

    配布したいファイルは、まさに RibbonControlsLibrary.dll と DocumentFormat.OpenXml.dll でした。

    これをインストーラーの中に含めてもいいのかわかりませんでした。

    こちらでも確認してみます。

    ありがとうございました。

    2014年10月20日 14:59
  • 既に指摘しているように再頒布する権利があったとしても、ライセンス条件と矛盾しないかが重要です。

    質問者さんはGPLで公開すると書かれていますが、その場合、Microsoftの使用許諾契約と矛盾します。複雑ですので質問者さんはリンクと派生物などを確認し理解してください。

    2014年10月21日 4:15