none
Azure RMS Premiun と FCI による共有フォルダのファイルの自動暗号化について RRS feed

  • 質問

  • 以下のサイトに、Azure RMS Premiun と FCI による共有フォルダのファイルの自動暗号化についての記事がありますが、Azure RMS Premium のライセンスがどこで利用されるのかが知りたいです。

    http://mnote365.com/2016/06/azure-rms-premium-fci/

    実際に共有フォルダにファイルを置くユーザー数分のライセンスが必要なのか、もしくはAzure RMS Premiun のライセンスがテナントに1つ以上あれば動作自体はできてしまうのか、もしくはAzure RMS Premiun ライセンスがなくても動作するのかが知りたいです。

    Azure RMS Premiun と通常のRMSのライセンスの違いがいまいち理解できていないので、知っている人がいましたらご教授願います。

    2016年8月26日 0:39

回答

  • dtsccmさん、こんにちは。

    私の知りうる限りでお答えしますと、
    Azure RMS Premium + FCIの組み合わせで暗号化を利用する場合、コネクタをインストールするときに指定したアカウントを利用して暗号化が実行されるため、Azure RMS Premiumのライセンスは1アカウントだけ持っていれば、暗号化自体は可能です。

    また、「通常のRMSのライセンス」とのご指摘がありましたが、通常のRMSのライセンス=Windows Server の RMS ライセンスと認識して話をすると、Azure RMSで暗号化されたコンテンツに対するアクセスにWindows Server の RMS ライセンスは不要です。

    参考になれば幸いです。

    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年10月11日 8:06
    2016年9月7日 13:58