none
USBHUB.SYSのソースコード RRS feed

  • 質問

  • 初めての投稿です。

    仮想のUSB HUBをWindowsシステムに登録し、仮想ポートに仮想デバイスをつなげてWindowsアプリから通信したいと考えています。

    つまり、実際にデバイスを接続せずに仮想環境でWindowsアプリのデバックをしたいのです。

    そこでまずは、USBHUB.SYSを手本に仮想ドライバを作成したいのですが、ソースコードを入手する方法はあるでしょうか?

    もしくは、似たサンプルソースコードを入手できるでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    2012年10月17日 9:03

回答

  • USBHUB.SYSや似たソースコード入手が目的ではなく、「実際にデバイスを接続せずに仮想環境でWindowsアプリのデバックをしたい」というのが真の目的であるのであれば、そのような機能を提供するものとして、DSF (Device Simulation Framework) が、Windows 7用 WDK 7.1.0 (7600.16385.1) に含まれているので開発に利用できます。WDKのインストール時にDSFをオプション選択することで、インストールできます。

    DSFはデバイスの動作をスクリプトで記述することで、実際にデバイスを接続しなくとも、Windows デバイスドライバを動作させる(開発する)ことができる仕組みを提供しますので、アプリケーションも当然ながら実デバイスを接続すること無しに、動作します。

    実はDSFの参考文献の多くは英語で、使いこなしは慣れるまではなかなか大変ですが、USBHUB.SYSを手本にして仮想ドライバを作成するよりは、はるかに楽ではないかと思います。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2012年10月23日 4:12
    • 回答としてマーク 佐伯玲 2012年10月25日 4:35
    2012年10月19日 16:45
    モデレータ

すべての返信

  • USBHUB.SYSや似たソースコード入手が目的ではなく、「実際にデバイスを接続せずに仮想環境でWindowsアプリのデバックをしたい」というのが真の目的であるのであれば、そのような機能を提供するものとして、DSF (Device Simulation Framework) が、Windows 7用 WDK 7.1.0 (7600.16385.1) に含まれているので開発に利用できます。WDKのインストール時にDSFをオプション選択することで、インストールできます。

    DSFはデバイスの動作をスクリプトで記述することで、実際にデバイスを接続しなくとも、Windows デバイスドライバを動作させる(開発する)ことができる仕組みを提供しますので、アプリケーションも当然ながら実デバイスを接続すること無しに、動作します。

    実はDSFの参考文献の多くは英語で、使いこなしは慣れるまではなかなか大変ですが、USBHUB.SYSを手本にして仮想ドライバを作成するよりは、はるかに楽ではないかと思います。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2012年10月23日 4:12
    • 回答としてマーク 佐伯玲 2012年10月25日 4:35
    2012年10月19日 16:45
    モデレータ
  • こんにちは、ひよすけ さん
    フォーラムオペレータの佐伯 玲 です。

    その後Atomu Hidaka- さんの情報はご確認いただけたでしょうか?
    私のほうで寄せられた情報が参考になる情報だと思われましたので勝手ながら「回答としてマーク」とさせて頂きました。
    不明な点やうまくいかない点などありましたら引き続きこちらのスレッドをご利用いただけますのでご返信くださいませ。

    宜しくお願いいたします。
    __________________________
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレータ 佐伯 玲

    2012年10月25日 4:35