none
TCPデータ再送パターンがルータからのunreachable応答後変化するのはなぜ? RRS feed

  • 質問

  • ・回線断等でTCPパケットの再送がどう行われるか調査しました。
      機器構成は以下のとおりです。
      [Windows/XP PC] ---- [ルータ] ・・・・・ [ルータ]---- [サーバ]
      LANアナライザを[ルータ]---- [サーバ]間に入れ、サーバ側ケーブルを抜きました。
      結果、[Windows/XP PC]からのパケット再送は以下のようになりました。
          1) 1秒後再送
          2) 2.1秒後再送
          3) 4.1秒後再送
          4) 8.1秒後再送
          5) ルータからunreachable
          6) 8.1秒後再送
          7) ルータからunreachable
          8) 8.1秒後再送
          9) ルータからunreachable
        10) 16.1秒後再送
    ・'1)~4)'で再送間隔が倍になっていくのはいいのですが、
      unreachable応答後、'6), 7)'では一定になっている。
      しかし '10)'で倍になった。
      ICMP:unreachableパケット中に次の再送時間を決めるフィールドあるか?
      と思い見てみましたが TTLフィールドくらいでした。
    ・unreachable後、再送に関する算出法が変わるのだろうとWinSock系Web検索しても
      見当たらない。unreachable後のこの再送が、なぜこうなるのか?
      わかる方、お教えいただけないでしょうか。
    2013年11月7日 4:18

回答

すべての返信