none
2000を超えるSQLServerのDB数のクラスタ環境でフェイルオーバーに失敗する RRS feed

  • 質問

  • MSFC構成でSQL Server 2008 R2を使用しておりますが、WindowsUpdate等のメンテナンスを行うため、フェイルオーバーをしようとすると、SQL Serverのステータスが、「オフライン待ち」から、「失敗」となってしまいます。

    その後、しばらく待つと、フェイルオーバーが完了するのですが、心配なので、SQL Serverリソースのプロパティで、「保留タイムアウト」値を、12分に設定いたしましたが、やはり「失敗」となってしまいます。

    これ以上大きい時間を設定すると、SQL Serverのダウンタイムが長くなってしまうので、設定はしたくないのですが、大きく設定するしか無いのでしょうか?

    また、「失敗」となった後、フェイルオーバーが完了するのは、正常な動作なのでしょうか?

    出来たら、オフラインになる時間を短縮したいのですが、そのような方法はありませんでしょうか?

    DBを統合する話は、開発チームの方で進めてもらっていますが、時間がかかりそうです。

    2011年12月21日 1:31

すべての返信

  • 同環境での問題なのですが、ServicePack適用等の作業で、ローリングアップグレードを行った場合、ServicePack適用済みのノードにフェイルバックすると、スクリプトアップグレードの時間が1時間程度かかってしまい、その間サービスがストップしてしまいました。

    SQL Serverのログを確認すると、「サブスクリプション設定とシステム オブジェクトをアップグレードしています」というメッセージと、「パブリケーション設定とシステム オブジェクトをアップグレードしています」というメッセージが全DBに対して出力されており、その処理が完了するのに時間がかかっているようです。

    メンテナンスの度にこれだけ待たされるのは耐えられ無いため、この時間を短縮する方法がありましたら、ご教授願いたいのですが、こちらにつきましても何らかの方法がありましたら、教えていただけませんでしょうか?

    2011年12月21日 2:12