none
SQLServer2014で共有フォルダに置かれたMDFファイルをアタッチすると、他のユーザから共有フォルダのMDFファイルが見えなくなる。 RRS feed

  • 質問

  • いつもお世話になっております。

    下記現象の解決方法をご存じの方、いらっしゃいましたらご教授願います。

    【環境】

    PC_A : Windows10 Pro、SQLServer2014インストール済

    PC_B : Windows10 Pro

    【状況】

    ①PC_Aに共有フォルダを作成し、MDFファイルを格納(アタッチはされていません)。

    ②PC_BからPC_Aの共有フォルダを覗くと、MDFファイルが見える。(ここまでは問題ありません)

    ③PC_AからManagementStudioで、MDFファイルをアタッチする。

    ④PC_BからPC_Aの共有フォルダを覗くと、MDFファイルが見えなくなる。

    これをアタッチしたタイミングで見えるようにする方法がありましたらご教授ください。

    SQLServer2008のときには問題なく見えていたようなのですが・・・。

    宜しくお願い致します。

    2016年10月6日 11:11

回答

  • チャブーンです。

    答えからですが、おっしゃる動作はSQL ServerやWindowsのバージョンとはおそらく無関係です。

    Windows共有フォルダには、共有経由でアクセスしたユーザに対して、アクセス許可のないファイルを不可視とする機能(ABE)があります。アタッチされたファイルは他のユーザからは排他ロックによりアクセスできなくなりますので、ABEにより見えなくなったのではないでしょうか?

    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/special/2003sp1_06/2003sp1_06_01.html

    フォルダに対して、単純な[共有](ネットワークのファイルとフォルダーの共有)を作成した場合ABEは既定でONになります。これをOFFに変更するのはいささか面倒なので、いったん共有を解除したうえ、[詳細な共有]から共有を作りなおすと、ABEがOFFで設定されますので、多分見えるようになります。

    で、もう一点ですが、MDF(データベースファイル)をなぜ共有フォルダに配置するのでしょうか?SQL Serverは(というよりWindowsも)共有フォルダにあるデータベースファイルにネットワークアクセスする設定については、動作を保証していません。もちろん非推奨です。したがってこのような設定は避けるべきかと思います。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答としてマーク 星 睦美 2016年10月28日 4:10
    2016年10月7日 2:07