none
Windows 8 Metro UI 登録アプリケーションの表示制御について RRS feed

  • 質問

  • Windowsアプリケーションの開発を行っている中で、Metro UIに関して少々困ったことが起きておりますので、お助けいただければと思います。

    Windows Installerにて、Windows7以前で言う、スタートメニューに複数のショートカットを登録しておりますが、以下のようにフォルダ階層に整理していて、使用頻度の少ないショートカットは隠しておりました。

    ところが、Metro UIで同様のことを行いますと、数多くのショートカットが横並びで出てきますので、使用頻度等でアイコンに優劣をつけがたい状況となります。めったに使わないメニューが表に出てくるので、ユーザーにはちょっと不便な状況になります。

    Windows 7以前のスタートメニュー階層イメージ

    [ベースフォルダ]

      ├ A.メインプログラムのショートカット

      └ [ユーティリティフォルダ]

        ├ B.使用頻度の低いユーティリティ1のショートカット

        ├ C.使用頻度の低いユーティリティ2のショートカット

         :

    実際は、数の上ではB以下のショートカットがはるかに多数を占めますので、MetroUI上をこちらが席巻することになります。

    そこでやりたいことは、

    【1.あらかじめ選んだ使用頻度の低いショートカットを、MetroUI上から選択的に非表示にすることはできないか?】

    ということです。

    スタートメニューの階層を変える場合、従来のユーザーに不便を強いることになりますので、

    プログラムの構成やスタートメニューの階層を変えずに、上記のことを実現したいです。

    何か方法がありますでしょうか?

    2012年4月20日 7:43

すべての返信