none
winusbはWindows Updateの対象に入っているか? RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

     

    最近のOSにはwinusbが標準で入っているようなのですが、これらはWindows Updateの対象となっているのでしょうか?

     

    DDKのバージョンアップとともにwinusbのコインストーラのバージョンも上がってきているのですが、

    (winusbcoinstaller01007.dll → winusbcoinstaller01009.dll)

    それに合わせて、(例えばクライアントPCにインストールさせた)winusbを上記のdllを使って手動でアップデートする必要があるのでしょうか?

    それともWindows Updateの対象になっていて気にしなくてもよいのでしょうか?

    • 移動 Mike Wang (MSCS) 2012年10月2日 12:38 (移動元:Windows デバイスドライバー開発)
    2010年4月30日 4:56

回答

  • makihi さん、こんにちは。

    既に解決されているのかもしれませんが、誰も返信しないようなので、とりあえず...

    Vista 以降のプラットフォームでは、WinUSB.sys や WinUSB.dll などのドライバ コンポーネントは、
    %WinDir%\System32\DriverStore フォルダ配下に格納されているいので、Inbox ドライバということで、
    Windows Update の対象になると思います。

    確かに XP 以前のプラットフォームでは、これらのドライバ コンポーネントは %WinDir%\System32\DriverStore フォルダ配下の
    File Repository には存在しませんので、UMDF や KMDF などでドライバを提供する 3rd ベンダが自社のドライバ パッケージに
    WinUSBCoInstallerX.dll を含め、そこから展開することになるかと思いますが、やはり Inbox ドライバと同じ扱いになると思います。

    例えば(かなり古い話ですが)、Windows 2000 のリリース当初、USB 2.0 は未サポートだったので、USBEHCI.SYS は提供されて
    いませんでした。
    その後、Service Pack で USBEHCI.SYS ドライバが提供され、Windows 2000 でも USB 2.0 がサポートされるようになりましたが、
    それ以降もこのドライバは Windows Update で何度か更新されていた記憶があります。(確か...)

    なので、個々のプラットフォーム標準のコンポーネントであるか否かに関わらず、マイクロソフト製のモジュールに関しては、
    不具合修正や機能拡張が行われた場合、Windows Update の対象になると思います。

    ただ、Co-Installer に関しては、個々の 3rd ベンダが自社ドライバのインストールのために再配布するものであり、
    またドライバを Build した際に、Co-Installer のファイル名も inf ファイルに埋め込まれるため、Windows Update の対象には
    ならないと思います。 (...というか、Windows Update の対象にしても意味がないと思います。)
    Co-Installer のバージョンを上げたいのであれば、新しい WDK でドライバおよび inx ファイルを Build し直して、再度ドライバ
    パッケージを作り直す必要があると思います。
    (この場合、必要に応じて Windows ロゴも取得し直す必要があると思います。)

    なので、私の認識としては「気にする必要はないのでは?」と思うのですが、
    もし確実な方法が欲しいのであれば、MS のサポート部門に問い合わせることをお勧め致します。

    参考になりましたら幸いです。

    • 回答としてマーク makihi 2010年5月11日 7:25
    2010年5月10日 5:35

すべての返信

  • makihi さん、こんにちは。

    既に解決されているのかもしれませんが、誰も返信しないようなので、とりあえず...

    Vista 以降のプラットフォームでは、WinUSB.sys や WinUSB.dll などのドライバ コンポーネントは、
    %WinDir%\System32\DriverStore フォルダ配下に格納されているいので、Inbox ドライバということで、
    Windows Update の対象になると思います。

    確かに XP 以前のプラットフォームでは、これらのドライバ コンポーネントは %WinDir%\System32\DriverStore フォルダ配下の
    File Repository には存在しませんので、UMDF や KMDF などでドライバを提供する 3rd ベンダが自社のドライバ パッケージに
    WinUSBCoInstallerX.dll を含め、そこから展開することになるかと思いますが、やはり Inbox ドライバと同じ扱いになると思います。

    例えば(かなり古い話ですが)、Windows 2000 のリリース当初、USB 2.0 は未サポートだったので、USBEHCI.SYS は提供されて
    いませんでした。
    その後、Service Pack で USBEHCI.SYS ドライバが提供され、Windows 2000 でも USB 2.0 がサポートされるようになりましたが、
    それ以降もこのドライバは Windows Update で何度か更新されていた記憶があります。(確か...)

    なので、個々のプラットフォーム標準のコンポーネントであるか否かに関わらず、マイクロソフト製のモジュールに関しては、
    不具合修正や機能拡張が行われた場合、Windows Update の対象になると思います。

    ただ、Co-Installer に関しては、個々の 3rd ベンダが自社ドライバのインストールのために再配布するものであり、
    またドライバを Build した際に、Co-Installer のファイル名も inf ファイルに埋め込まれるため、Windows Update の対象には
    ならないと思います。 (...というか、Windows Update の対象にしても意味がないと思います。)
    Co-Installer のバージョンを上げたいのであれば、新しい WDK でドライバおよび inx ファイルを Build し直して、再度ドライバ
    パッケージを作り直す必要があると思います。
    (この場合、必要に応じて Windows ロゴも取得し直す必要があると思います。)

    なので、私の認識としては「気にする必要はないのでは?」と思うのですが、
    もし確実な方法が欲しいのであれば、MS のサポート部門に問い合わせることをお勧め致します。

    参考になりましたら幸いです。

    • 回答としてマーク makihi 2010年5月11日 7:25
    2010年5月10日 5:35
  • ニコチャン大王 さん

     

    丁寧な返信、誠にありがとうございます。大変助かりました。

    Windows Updateの対象になっているようで、一安心いたしました。

     

    Co-Installerに関しても、Co-Installer自体というよりは、Co-Installerで展開されるwinusb.dll/sysが更新の対象となっていれば問題ありません。

    質問の仕方が悪かったのですが、Co-Installerのバージョンが上がると中身のwinusb.dll/sysのバージョンも上がっているだろうから、新しいCo-Installerでインストールし直す必要があるのかなと思った次第です。

     

    ではまた何かありましたら質問させていただくことがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

    ありがとうございました。

     

    2010年5月11日 7:25