none
シングルセッションWVD環境のMDATPオンボーディング方法について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    現在シングルセッションのWVD環境を構築しMDATPにオンボーディング作業を行っております。

    手順として、MDATP管理コンソールからダウンロードしたVDI用のオンボーディングスクリプトをマスターファイルに組み込み、

    スタートアップスクリプトにて実行を行う想定をしております。

    しかしながらスクリプトの中の注意書きに以下の記載を確認いたしました。

    # Some organizations, use non-persistent virtual machines for their users
    # A non-persistent machine is created from a master image
    # Every new machine instance has a different name and these machines are available via pool
    # Every user logon \ reboot returns machine to image state loosing all user data
    # This script provides a solution for onboarding such machines
    # We would like to have sense unique id per machine name in organization
    # For that purpose, senseGuid is set prior to onboarding
    # The guid is created deterministically based on combination of orgId and machine name
    # This script is intended to be integrated in golden image startup

    その中でも以下の記載箇所について今回の環境とは一致していおりません。

    # Every user logon \ reboot returns machine to image state loosing all user data

    ※ログオン/シャットダウンを行ってもデータは残り続ける構成としております

    この点から前提と実環境構成が一致しないため本スクリプトでのオンボーディングは行えない控えたほうが良いかの確認となります。

    ご存知の方がいらっしゃればご教示いただけますと幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。


    • 編集済み Kminami 2020年8月3日 16:09 構成の記載を誤っていたため
    2020年8月3日 16:07