none
Visual studio 2010 のデバック開始における,MSVCR80.dllのエラーについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になります.

    Visual studio C++ 2010 Express において,プログラムを

    ソリューションのビルド後に,「デバック開始」でデバックを行うと

    「msvscr80.dllがないため,プログラムを開始できません」とエラーメッセージが出ます.

    色々調べて見ると,VS2005 の32bitの配布にあるとの情報がありましたが

    私の環境はVisual studio 2010の64Bitになっております.

    このDLLを直接ダウンロードしておいて良いのか,と解決策に悩んでますので,

    どうか,ご教示をお願いします.

    2013年10月21日 11:09

すべての返信

  • そもそも何をビルドしたのでしょうか? 新規プロジェクトを作成し何も編集しない状態でもそのエラーが出るのでしょうか?

    それとも何かコードを追加したのであれば、それが原因の可能性があり、その部分は質問に一切触れられていないため、何も説明できません。

    2013年10月21日 14:53
  • msvcr80.dllはVS2005に付属のCランタイムライブラリで、
    しかも、「リリース用」です。
    従って、デバッグの開始でそれを要求されたということは、
    そのデバッグ対象としたexeは

    1.VS2010ではリビルドされていない、リリース構成からデバッグを開始した。

    かもしれません。そのような勘違いが事実だと仮定すると、

    2.VS2010上のデバッグ構成もリビルドされてないかもしれない。

    などの懸念も払拭できません。
    ちなみに、VS2010のCRT(=Cランタイムライブラリ)は
    msvcr100.dll(リリース用)となります。

    2013年10月22日 0:53