none
リージョンを超えた仮想ディスクのマウントに関して RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    現在、以下の構成で環境構築を検討しています。

    <Azureマシン>--------------------------

    東日本リージョン

    仮想マシン(Windows・Linux)

    仮想ディスク(RA-GRSによる冗長性確保)

    ---------------------------------------------

    上記の環境で東日本リージョン(東京DC)が使用不可になった場合、RA-GRSにて

    西日本リージョンへデータコピーされた仮想ディスクを東日本リージョン(埼玉DC)で

    新たに作成した仮想マシンへ接続し直し、仮想ディスクのデータを利用可能としたいと考えております。

    上記の環境を構築する有効な手立てがありましたら、ご教示いただきたく存じます。

    2017年7月26日 14:04

回答

  • こんにちは

    残念ながら仮想マシンは異なるリージョンのディスクをマウントすることはできません。

    仮想マシンから直接見える場所にデータをコピーするか、ディスクがあるリージョンに仮想マシンを作りそのディスクをマウントするかになるかと存じます。

    2017年8月5日 10:23

すべての返信

  • こんにちは

    残念ながら仮想マシンは異なるリージョンのディスクをマウントすることはできません。

    仮想マシンから直接見える場所にデータをコピーするか、ディスクがあるリージョンに仮想マシンを作りそのディスクをマウントするかになるかと存じます。

    2017年8月5日 10:23
  • 返信がおそくなり、申し訳ございません。

    ご回答ありがとうございます。AzCopyなどでデータコピーをし、各リージョンでそれぞれマウントが必要ということですね。ありがとうございます。参考にさせえていただきます!

    2017年8月9日 12:15