none
MSB3482: SignTool エラーについて何でも良いですから何か教えてください!! RRS feed

  • 質問

  • アプリケーションの「発行」ができません。
    ビルドエラーがが発生します。エラーメッセージは次の内容です。

    MSB3482: SignTool はエラー 'XXXX の署名に失敗しました。 SignTool Error: Signtool requires CAPICOM version 2.1.0.1 or higher. Please copy the latest version of CAPICOM.dll into the directory that contains SignTool.exe. If CAPICOM.dll exists, you may not have proper permissions to install CAPICOM. ' を報告しました。

    CAPICOMは、Ver2.1.0.1であることを確認しましたので、CAPICOMがインストールできないということになると思いますが。

    「発行」手順は、シンプルに、CD-ROMでのインストールを選んでいます。

    2006年8月22日 4:53

すべての返信

  • 実施済みです。

    signtool.exe は、
    ①C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\Bin
    ②C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\Bin
    にインストールされています。
    実際のVS2005では、②を使用しているようです。
    この①、②の両方にコピーして確認しましたが、同じエラーがでます。

    Program Files\Common\Microsoft Shared\CAPICOM  にあった、CapiCom.dll は、Ver 2.1.0.1  2005/09/23 ファイルサイズ498K のものです。
    一方、MicrosoftからダウンロードするとVer 2.1.0.1 だが日付は2004/11/02でファイルサイズ505Kのものが有りました。
    これも、①、②にコピーしてみましたが、エラーは変わりませんでした。

     

    2006年9月7日 8:12
  • 最近同じ現象で悩まされていたのですが、以下のフォーラムで解決策が出ていました。

    ただし、日本語版はちょっと対象フォルダが違いますけど。

    https://forums.microsoft.com/MSDN/ShowPost.aspx?PostID=303655&SiteID=1

     

    修正方法:

    1.「CAPICOM.dll」 を「Program Files\Common\Microsoft Shared\CAPICOM」から「Program Files\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\Bin 」にコピーします。

    2.コマンドプロンプトを開いて、「Program Files\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\Bin 」へ移動します。

    3.そのまま「REGSVR32.EXE CAPICOM.dll 」を実行します。

    これで正常に動くようになりました。

    2006年11月23日 10:59