none
distinct句を使用した重複検索対象となる列の変更方法について RRS feed

  • 質問

  • 使用環境

    windowsXP

    VB2005EE

     

    お久しぶりです。

    今回はクエリビルダを使用した標記の方法についておたずねします。

    下記クエリのようにMain_MasterのGroupA列のデータを重複しないように抽出しています。

    テーブル構造としては

    Value GroupA GroupB GroupC

    というような感じです。

    下記クエリではGroupAを対象に抽出をしていますが、GrouB,GroupCについても重複除外抽出対象にしたいと思っています。

    このような場合、一文のクエリで抽出するにはどうすればよいのでしょうか?

     

    SELECT DISTINCT[GroupA] FROM Main_Master

    2007年11月28日 1:26

回答

  • 回答ではなく一応確認なのですが、それぞれのグループ毎にselectしたものをunionでつなぐというのではダメなんですよね?

    2007年11月28日 4:49
    モデレータ
  • 有り難うございます。おそくなったことをお詫びします。

     

    trapemiyaさんの方法でも大丈夫でした。ちなみに自分なりに試行錯誤した方法は、クエリにてwhere句を延々と(対象の列を書き足していきました)コーディングしていく方法をとりました。ちなみに対象列の変更方法はコンボボックスのitemにあらかじめ列名を入れておき、各値が選択された際にCase~Select文にてクエリを実行するようにしました。

     

    有り難うございました。

    2007年12月4日 0:50

すべての返信

  • 回答ではなく一応確認なのですが、それぞれのグループ毎にselectしたものをunionでつなぐというのではダメなんですよね?

    2007年11月28日 4:49
    モデレータ
  • 有り難うございます。おそくなったことをお詫びします。

     

    trapemiyaさんの方法でも大丈夫でした。ちなみに自分なりに試行錯誤した方法は、クエリにてwhere句を延々と(対象の列を書き足していきました)コーディングしていく方法をとりました。ちなみに対象列の変更方法はコンボボックスのitemにあらかじめ列名を入れておき、各値が選択された際にCase~Select文にてクエリを実行するようにしました。

     

    有り難うございました。

    2007年12月4日 0:50