none
approotが作成されるドライブについて

    質問

  • よろしくお願いいたします。

    クラウドサービスのサーバを作成し、デプロイしたところ、

    approotがEドライブにできる場合とFドライブにできる場合がありました。

    仕様でしょうか?

    デプロイ時にソフトウェアをインストールスクリプトをスタートアップに登録して

    ソフトウェアをインストールしたいのですが、C:ドライブ指定(フルパス指定)で

    インストールすることは可能でしょうか?

    可能であればその方法を教えてください、。

    2014年11月4日 2:07

回答

  • > approotがEドライブにできる場合とFドライブにできる場合がありました。
    > 仕様でしょうか?
    approotが保存される領域がどこかといった情報は探せてないので、Azureの仕様かどうかはわかりません。

    私はCドライブが一時領域、Dドライブがシステム領域、Eドライブがアプリモジュール領域の認識ですので、Eドライブのみapprootが存在する認識でした。
    もしかするとサービス定義、サービス構成ファイルの設定によって変わる可能性もあるかもしれません。

    > ソフトウェアをインストールしたいのですが、C:ドライブ指定(フルパス指定)でインストールすることは可能でしょうか?
    インストールするソフトウェアの仕様によると思います。

    • 回答としてマーク h-mori 2014年11月5日 0:28
    2014年11月4日 9:04
  • こんにちは。

    クラウドサービスでapprootがEまたはFドライブにできるのは仕様です。パッケージのアップグレードなどを行うとFドライブがマウントされてそちらのapprootに展開されます。(再度アップグレードするとまたEにもどります

    またCドライブ(フルパス)指定してインストールできるかどうかはアプリ(のインストーラー)次第だと思います。

    • 回答としてマーク h-mori 2014年11月5日 0:28
    2014年11月4日 11:15
    モデレータ

すべての返信

  • > approotがEドライブにできる場合とFドライブにできる場合がありました。
    > 仕様でしょうか?
    approotが保存される領域がどこかといった情報は探せてないので、Azureの仕様かどうかはわかりません。

    私はCドライブが一時領域、Dドライブがシステム領域、Eドライブがアプリモジュール領域の認識ですので、Eドライブのみapprootが存在する認識でした。
    もしかするとサービス定義、サービス構成ファイルの設定によって変わる可能性もあるかもしれません。

    > ソフトウェアをインストールしたいのですが、C:ドライブ指定(フルパス指定)でインストールすることは可能でしょうか?
    インストールするソフトウェアの仕様によると思います。

    • 回答としてマーク h-mori 2014年11月5日 0:28
    2014年11月4日 9:04
  • こんにちは。

    クラウドサービスでapprootがEまたはFドライブにできるのは仕様です。パッケージのアップグレードなどを行うとFドライブがマウントされてそちらのapprootに展開されます。(再度アップグレードするとまたEにもどります

    またCドライブ(フルパス)指定してインストールできるかどうかはアプリ(のインストーラー)次第だと思います。

    • 回答としてマーク h-mori 2014年11月5日 0:28
    2014年11月4日 11:15
    モデレータ
  • 回答ありがとうございます。

    参考にさせていただきます。

    2014年11月5日 0:28
  • 回答ありがとうございます。

    仕様ということで理解しました。

    2014年11月5日 0:29