none
Visual Studio Professional 2015のインストール時に作成される「VisualStudioSecondaryInstaller」フォルダについて RRS feed

  • 質問

  • ここでははじめてお世話になります。

    Visual Studio Professional 2015 (以降、VSPro2015)をインストール時に作成される「VisualStudioSecondaryInstaller」フォルダについて質問です。

    VSPro2015をインストールしたら、30GB以上もディスク容量を使用しており、Cドライブを圧迫しておりました。

    ディスク容量の削減をしたくて、どのフォルダの容量が大きいのか探ったところ、

    「c:\ProgramData\Microsoft\VisualStudioSecondaryInstaller」フォルダが13GB程度を占めていました。

    なお、インストールに当たっては、本製品をインストールするPCがインターネットに接続されていなかったため、

    全パッケージをダウンロードして、外部媒体(HDD)経由でPC上に格納の上、インストール作業を行っています。

    そこで以下の質問です。

    ①このフォルダにはインストーラそのものが格納されているように見えるのですが、

     このフォルダ内のファイルはどのような役割があるのでしょうか。

    ②このフォルダを削除することによって考えられる影響はどんなものがあるでしょうか。

    以上、よろしくお願い致します。

    2018年5月22日 9:17

すべての返信

  • 一般に「C:\ProgramData\」フォルダー内はインストールしたアプリケーションが管理するもので、
    いじると関連するアプリケーションが動作しなくなる可能性が「非常に高い」です。
    従って、やめた方が良いと思います。
    2018年5月22日 9:47
  • 返信ありがとうございます。削除しない方向で検討いたします。

    2018年5月23日 8:16