locked
Translator Text API の翻訳文字数の確認方法 RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • (※ 2018年8月28日公開時点の情報となります。)

    Translator Text API の翻訳文字数の確認方法をご紹介します。


    方法には、以下の2 種類があります。

    1.直近 30 日以内の翻訳文字数を確認(ストレージ アカウントは不要)


    2.直近 365 日以内の翻訳文字数を確認(別途ストレージ アカウントが必要)


    以下、それぞれの手順をご案内します。

    1.直近 30 日以内の翻訳文字数を確認(ストレージ アカウントは不要)

    (1)         Azure Portal 上で、対象のTranslator Text API のリソースを選択します。

    (2)         [監視中] ブレードの[メトリック] をクリックします。

    (3)         表示された[利用可能なメトリック] から、[Characters Translated] を選択します。

    (4)         表示された翻訳文字数のグラフ上部の、[時間の範囲] のコンボ ボックスにて期間を設定します。

    (5)         グラフ上に指定した期間の翻訳文字数が表示されます。

    2.直近 365 日以内の翻訳文字数を確認(別途ストレージ アカウントが必要)

    (1)         Azure Portal の 対象の Translator Text API のリソースで、[メトリック] を開き、[診断設定] を選択します。

    (2)         [ストレージ アカウントへのアーカイブ] をチェックします。

    (3)         ストレージ アカウントの設定を行います。(事前にAzure ストレージ アカウントの作成が必要になります)

    (4)         文字数や API の呼び出し回数などすべてのメトリック値を保存するため、[AllMetrics] にチェックします。

    (5)         データの保存期間(リテンション期間)を設定します。最大で 365 日保存するように設定できます。

    (6)         以上の設定後、翻訳処理が行われますと、設定したストレージに情報が記録されます。以下はストレージに保存された情報の例です。情報は、該当ストレージ アカウントの BLOB の、insights-metrics-pt1m というコンテナ内に格納されます。こちらのコンテナは自動的に作成されます。

    データは JSON 形式で保存され、情報は以下のような形で保存されます。

    このJSON ファイルを開き、”metricName” が “CharactersTranslated” の ”total” が翻訳文字数です。なお、”time” は日時(UTC) です。

    こちらの記録を取っていただくことで、特定の期間の翻訳文字数を確認できます。

    上記がお役に立てば幸いです。


    Cognitive Services 開発サポートチーム 津田

    2018年11月16日 7:51